山手スカイホークス!

『全力野球!最後まであきらめない!』

平成29年2月12日(日)【Aクラス】第27回城東大会3回戦vs門真タイガース戦 ベスト16進出!このままの勢いで勝ち抜こう!

2017-02-13 19:11:08 | 日記

Azuです。

城東大会3回戦です。勝てばベスト16に進出!

前日の雪・雨が凍って、朝の車の窓やドア・水溜りががカチカチに凍っている!ふれあい公園の試合前アップも地面が凍っており、アップで体が温まってくるのと同じように、地面の氷が解けてきて、田んぼのようにグチャクチャ(^^;)。。。試合前行く前にユニフォームが汚れてしまう子供達もちらほら。。。そして移動開始。今日は左専道グランド。

そして到着後、予測もしない大事件が勃発!!!『ない、ない、ボクのグローブがない!』悲鳴が!『誰のよ!?』!忘れてきたのはSyoki!!!(T T) Syoki商売道具のグローブを、ふれあい公園に忘れてしまう!!! Imaiコーチ、奥さんへTEL。ふれあい公園にてsyokiグローブの捜索が始まる!どうやらあったみたい!(『ふう~。。。』) ※imaiコーチ並びに奥様、申し訳ありませんでした。 syoki急遽、tomokiのグローブを借りて試合へ出場する。本当は外そうかなと思っていた経緯もありましたが、オーダー表を既に提出しており、syokiには『最後の大会まで何してんねん。1打席で代える、話にならん(`Д´)/』と事前に通達。 人間、失敗・間違いは大目にみたい部分もありましたが、syoki先生はこれまで色々とありまして。。。(^^;) ※帰りの車では冗談で『syoki、キミは卒団却下、留年じゃ~ぁ!』(勝って帰れたから、冗談も言えて良かったですけどね。)

対戦相手は門真タイガースさんです。お互い最後の試合にはしたくないと、試合前から気合が入る!

先行山手スカイホークス 後攻門真タイガースさん でプレイボール! 

【スコア】


               回  1  2  3  4  5  6  7  計

【 山手スカイホークス 】  0  0  2  0  0  0  0  2  
【 門真タイガース  】   1  0  0   0  0  0  0  1  

☆スタメン☆

1番:SS / hikaru(6) 2番:2B / rintaro(4) 3番:3B / tomoya(5)  

4番:CF / ryo(8) 5番:C / tomoki(10) 6番:1B / ryunoshin(3)

7番:LF /ryoya(7) 8番:P / tatsuya(1) 9番:RF / syoki(9)

SuB :itsuki(2)、 haruto(11)、kanato(13)、kou(14)、kouta(15)、hinata(19)

【試合経過】

1回表:初回、相手ピッチャーのスピードボールにタイミングが合わず、3-2と粘るものの、1番hikaru・2番rintaroと連続三振!しかしケガから完治し、このところ絶好調の3番tomoyaがレフト前にヒット!山手2アウトから出塁するも、4番ryoは際どいコースに手が出ず三振!この回0点。

1回裏:山手先発はtatsuya!先頭バッターストライク先行で押していき、3球目を叩かれると、打球はショートとセンターの間へ、しかしhikaruとryoが衝突しボールが取れず出塁されてしまう。Hikaruの膝にryoのスパイクが当り、hikaruしばらく苦悶の表情をしていたがネット裏から将軍母の目線が気になったのか、ド根性で『いけます』と。。。Ryoが『hikaruごめん』と言ってきたので、その場は『お前のボールだぞ!』と一言。そして2番バッターには確実に送られ1アウト2塁。そして迎えるは飛ばしそうな3番バッター。3球目にセカンドランナーの離塁が大きく、キャッチャーtomoki2塁へ送球!しかし、セカンドランナー送球と同時に3塁へ進塁。1アウト3塁となり、3番バッターが6球目を叩くと打球はセンターへ深いところに打たれ、ryoがキャッチしたがタッチアップでホームイン!1点先制されるも、次の4番バッターをサードゴロに打ち取りとりあえず、1点で抑える。

2回表:相手に先制されたが回もまだ序盤、焦ることはない。じっくり攻めたいところ。5番tomokiからの攻撃!何とかアウトカウントが少ない時にチャンスを作りたい!しかし、tomoki2球目を叩くとサードゴロ。続く6番ryunoshinも4球目を叩きファーストゴロ!2アウトとなり、続く7番ryoyaもタイミングが合わず三振!この回も0点。

2回裏:相手5番バッターから攻撃。しかし、5番バッターをショートゴロ、6番バッターをピッチャーゴロ、7番バッターをショートフライに打ち取り、この回三者凡退。スゴク良いリズムです!

3回表:この回は8番tatsuyaからの攻撃!しかし、3球目を叩くとショートゴロで1アウト。続くは試合前に色々やらかしてしまった9番syoki!名誉挽回といきたいところ!するとsyoki粘ります!しっかりボールを選び、フォアボールで出塁!そして打順はトップに帰り、1番 hikaru!相手のキャッチャーの肩とsyokiの足を考える。意地でもチャンスを広げようとhikaruに耳打で『色々しかけるから、サインをしっかり見落とさないように!』と指示。Hikaruは初球をセーフティバント!失敗!2球目どうしようかなと思い。。。バスターに決める。相手サード前にダッシュ!hikaru!バントの構えからヒッティング!打球はボテボテのピッチャーゴロ!相手ピッチャー捕球後迷わず2塁へ送球!これが相手ショートとランナーsyokiが交錯し、ボールがセンターへ!そして相手センターのカバーも遅れボールは外野へ!!!『走れ~syoki!!!×∞(無限大) ※ベンチ・応援席 』& 『何しとるんや!早よ立てや~syoki!!!※愛弟子へ...。by van山手ヨットスクール校長、校長の声でsyoki慌てて立上り(嘘です)、必死に走る!走る!走る! バッター輝がグングン追いかけてくる!抜かれんちゃうか!? syokiホームイン!!!同点!!! バッターhikaruも3塁へ!続くは2番rintaro!『よし、今や!、今日は迷わない!』と初球スクイズ!相手ピッチャーがやや高めのスピードボールを投げるとバッターrintaro!意地でバットに当て、3塁ランナーhikaruも良いスタート!ホームイン!2対1!!逆転!!!やりました!!!!続くtomoyaは大きなレフトフライに倒れたものの、この逆転に成功!

3回裏:(IN→9番ライトitsuki OUT→syoki)相手は8番からの攻撃。逆転したところなので何とか無得点に終わらせたい。8番バッターをセカンドライナー、9番バッターをピッチャーゴロ、1番バッターをレフトフライに打ち取り、ピッチャーtatsuya危なげないピッチング!良いリズムです。

4回表:この回は4番ryoからの攻撃!追加点を狙いに行きたいところ。Ryoは初球を打つとセンターフライ。上位打線は徐々に相手ピッチャーのタイミングには合ってきた。続くは5番tomoki!何とか打ってほしい!そしてtomoki3球目のベルト付近に来たボールをジャストミート!打球はレフトヘ一直線!レフトオーバーの2塁打!1アウト2塁で得点のチャンス!ここで今日は6番にした4年生スラッガーryunoshin!打席に入る前に『長打はいらない。センター返し。万一引っ張って凡打でもtomokiは3塁に進む事も出来る。気楽に』と指示。そしてryunoshinファールで粘りボールにくらいつくも三振!そして7番ryoya!お母さんの声援が聞こえる!そして今日は仕事で忙しいお父さんも応援に来ている!良いところを見せたい!バットを握る手も力が入る!『リラックス!』と指示はしたが、ryoyaのバットは空を切り三振!tomokiがスコアリングポジションに進んだが、この回も0点。

4回裏:相手は2番バッターからの攻撃。上位打線からの攻撃なので、気をつけたいところ。しかしピッチャーtatsuya2番バッターを三振、そして続く3番バッターをアウトローにストレートがズバッと決まり、主審さんがプロ野球バリの『ストライ~~~ク!!!バッターアウト オオオオォォォォォォ- (ノ゚ο゚)ノ!!!』とても大きなリアクション付の気合の入ったコールで三振! ※素晴らしいジェスチャーでした! そして相手4番バッターには初球を弾き返され、高~く上がったライトフライ!前の回から代わったitsukiへ!一旦目測を誤り、地面スレスレでスライディングキャッチ!この回も点数は与えません!!!

5回表:この回は8番tatsuyaからの攻撃!2球目を叩くと打球は三遊間の深い所へ!!!相手ショート打球の正面に入り一塁へ大遠投!誰もが1塁セーフと思ったがtatsuya間一髪アウト!!!で1アウト。続くは途中出場の9番itsuki! 何かと6年終えるまでヒットを量産してほしい!しかし、ファールで粘るも打ち損ねてしまいピッチャーへのファールフライ!2アウト。三人では終わって欲しくない。打順はトップに帰って山手リードオフマン hikaru!しかし2球目を打たされて、サードフライ。この回は3者凡退。

5回裏:相手は5番からの攻撃。5番バッターをサードゴロ、6番バッターを三振に打ち取り2アウトとするが、7番バッターに右中間の間に落ちるヒットを打たれ2アウト1塁。盗塁も絡まれ2アウト3塁!続く8番バッターにはフォアボールを与え、2アウト1・3塁のピンチ!!!ここで一旦タイムをとり円陣。『必ず2・3塁のケースにしてくる。Tatsuya、ここは走らせても良いから必ずストライクをもらおう。但し置きにいくなよ。たぶんバッターの方が焦っているから、うちの方が気持ちで断然優位。勝負は焦らずに。Tomoki、今日の審判は高めを傾向があるけど、ボールは必ず低めに投げさせる事。ショートバウンドは体で止める事やね。hikaru・rintaroは2塁ランナーには大きくリードを取らすなよ。バッターは見た感じ長打は無さそうだから、塁間の抜けたヒットで2塁ランナーはホームへ返さないため。tomoyaはサードランナーは気にせず、左バッターだからやや浅めに守り、万一の緩いゴロ・セーフティ等に備えよう。ryunoshinは送球が万一逸れたら、体で止めるように。最悪3塁ランナーを返してもまだ同点。大丈夫。練習通り!』と1人1人に指示。そして9番バッターと勝負。初球tatsuyaストライクを取りにいき、2アウト2・3塁。2球目低めボールが外れ1-1。そして3球目、ベルト付近にきたボールを相手バッターが打ちにいき、ファーストゴロ。ファーストryunoshinガッチリキャッチし、スリーアウトチェンジ!何とか無失点に抑える!

6回表:この回は2番rintaroからの攻撃。先程は素晴らしいスクイズを決めてくれた!この回は何とか出塁を。初球をジャストミート!打球は二遊間へ!センター前に抜けるかと思いきや、相手ショートがキャッチ!1塁へ素早い送球!Rintaro、1塁へ気合のヘッドスライディング!しかし『アウト!』惜しい!続くは山手のムードメーカー3番tomoya!ファールで粘るも、最後は当り損ねのピッチャーゴロ!そして2アウトとなり、4番ryo!タイミングは合ってきた後は振り抜け!3球目をジャストミート!強烈な当たりはショートライナー!惜しい当たりは出ているものの三者凡退。

6回裏:相手はトップからの攻撃。ピッチャーtatsuyaここまで約60球。まだ今日はスタミナがある。先頭バッターをピッチャーゴロに打ち取り1アウト。続く2番バッターを簡単に歩かせてしまう。そしてこのチームで一番気をつけなければいけない3番バッターを迎える。そして1-1となり、一呼吸を置いてtatsuyaが3球目を投げると、ジャストミート!!!打球はレフトへ!予め深く守らせていたが、レフトryoya!打球が手前で大きく跳ねワンバウンドになり、グラブでない右手で必死に抑えるも頭も越される!!!しかし、グランド周りはフェンスで囲まれておりフェンスに当り、素早い中継でランナー2・3塁で止める!前の回に続き1アウト2・3塁で相手は4番バッター!バッターをベンチに呼んだので『スクイズでも何かあるのかな~と。』。そんな感じで待っていたら、2球目にサードランナーがスタート!しかしバッターが何も動かず2→5→1の狭殺プレーでアウト!2アウト3塁となり、続く4番バッターもサードゴロに打ち取り、この回も0点!ギリギリの所で失点を抑えており、ハラハラドキドキ感はあるものの、このような場面を幾度もクリアーしてきている。。。山手では学年問わず、監督・コーチ・保護者を共に試合のプレッシャーの世界へ導いてくれる、子供達による筋書きの無いマジ演武『山手劇場』といわれてますが、劇場開演に伴い毎回演技レベルが上達し、度々大人達をハラドキにしているのかな!? イヤイヤ子供達の方が意外とメンタルが強く、そして野球が上手になっているのかもですね(笑) (^^)

7回表:この回は5番tomokiからの攻撃!初球を狙いにいったのか、しかし浅いセカンドフライで1アウト。続く6番 ryunoshinそして、7番ryoyaと連続三振に打ち取られ、この回も三者凡退。最終回締まって守りたいところです。

7回裏:相手は5番からの攻撃。6番バッター共に簡単にピッチャーゴロに打ち取り2アウト。しかし、本日tatsuayaにバッチリタイミングの合っている7番バッターにレフト前に運ばれ、2アウトランナー1塁。そして盗塁を決められ、2アウト2塁!カウントが3-0になったがtatsuya粘りをみせ、3-2のカウントにするもデッドボールを与えてしまい、2アウト1・2塁のピンチ。ここで一呼吸を取る為にタイム。『大丈夫、大丈夫。今日はこんなケース3度目。でも全部凌いできたやん。今日の勝負運はうちにあるよ。集中していこう!みんなで勝つ!うちが必ず勝つ!絶対に勝つ!勝って帰るぞ!』と。 ドラマ海猿の『生きて帰る!』みたいで、かなりの精神論でしたが(^^;) ※少年野球でオッチャンがここまで熱が入っていると、後々考えると、ちょっと恥ずかしいですね。それだけ真剣にやっているという事でご勘弁を。。。  話は戻し、2アウト1・2塁で9番バッター!tatsuyaストライクが先行し、早くも2ストライクに追い込む!そしてtatsuyaが本日投げた88球目のボールがtomokiのミットにおさまり、ゲーム終了!!!

試合終了   2対1 

【監督談】 今回はとことん勝ちに拘ったゲームでした。接戦には特に守備面では、山手劇場を通じて強くなってきたと思います(笑)。攻撃は3回の1チャンスで逆転したゲームでした。1・2番の機動力・小技ができる5年生コンビhikaru・rintaro本当に良くやってくれました。Hikaruのリード・スタートも完璧でしたし、Rintaroに聞いたら『スクイズのサインが出た時緊張した』と。その気持ちスゴク分かります。でも君なら、どんなボールでも一発で必ず決めてくれる信じていたので、ボクは迷いなくサインを出せました。来年度は君達が主役。楽しみでたまりませんね(^^) 

そして6年生。ベスト16進出おめでとうございます!

ボクが初めてこの学年のみんなを預かって、この学年で大きな大会に挑んだのが、4年生時の秋の城東大会。。。その時もベスト16まで進みましたね。

その当時の写真がこれです。

※山手スカイホークス活動報告より

みんな顔が幼いですね。懐かしいですね。千葉にいるsouta、なぜか試合に出ていないOBのhikariまで写っている(笑) ryunoshinは当時2年生で4年生の大会に出ていました。

みんな大きくなりましたね。

その時は仁徳ヤンガースに最後に5対1で負けたのかな。

今回もどこまで勝ち進めるか分からないけど、最後までチームスローガンの『全力野球で頑張ろう』としか言えないし、1試合でも多く、皆と試合がしたいですね。

今回の試合終了後、門真タイガースの皆が大粒の涙を流してしたよね。彼らも今回が最後の試合だったのかな。勝者は彼らの分も・彼らの思いも持って頑張りましょう!次も勝ちにいくぞ!

応援に来て下さった保護者の皆さん、朝早くからとても寒い中、子供達への大声援、本当にありがとうございましたm(_ _)m 心から感謝しております。時折聞こえるお母さん達の声援が、子供達へとても勇気になっていると思います。次回もよろしくお願い致します!!!

最後にvan監督・maeコーチ・koniコーチ・sagaコーチ・imaiコーチ、朝早くからご協力本当にありがとうございました。 試合に来れず、メールでも応援して下さっているコーチの皆さん、本当にありがとうございます。次も頑張ります!!!!

でわ(^o^)/  by Azu

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年2月4日(土)【Aクラス... | トップ | 平成29年2月12日(日)【Dクラ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頂点目指して (suga)
2017-02-15 07:39:44
ベスト16おめでとうございます\(^o^)/
山手らしい、守り勝つ野球が出来ていますね。
この調子で、1試合でも多く、1回でも多く、1球でも多く、山手で野球をしてほしいですね!
今週末も、全力野球で頑張りましょう!!
今週末も頑張りましょう! (Azu)
2017-02-16 12:40:41
Suga監督コメントありがとうございます。
仰る通り、うちのチームらしい粘りのある守りが大きな勝因と、ミスは所々あったものの、大崩するような事はなかったですね。
相手さんもバッテリーが安定していたので、中々点は取れんだろうと思っていましたが、ミス絡みの1チャンスをものに出来たので。

最近思う事は、月数・試合を重ねる度にチームワークが良くなってきていると思います。
6年が最後の大会で文面も6年を中心とした試合に出ているメンバーがクローズアップされがちですが、ランナーコーチをはじめ、ベンチで一生懸命の応援・バット引き・イニング交代時のグラブ運び等
hinata、 kanato、kou、kouta、harutoのサブメンバーの存在はスゴク大事ですし、本当に良くやってくれていると思います。
当初は監督やコーチ叱られていましたが、今は進んでチームの為に行動していると。彼らの存在はありがたいです。
昨年の夏のあるスポーツ記事に書いてありました→【ある高校の監督が円陣で選手に言っていた。「マウンドで140キロを投げるやつも、スタンドで声をからして応援するやつも、人間の価値は変わらない。チームのために全力を出しきっているという意味で同じ価値がある。そこに優劣をつける理由はない」。ベンチ外の選手のために戦うチームは強い。】スゴク良い言葉だったので、メモしておきました。

今回はチーム行事でkanato、kou、kouta、harutoは連れていく事は出来ませんが、彼らの分も6年生、頑張ってほしいですね!

今週末もよろしくお願い致します。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。