山の天気予報

ヤマテンからのお知らせや写真投稿などを行います。

山の天気予報「専門・高層天気図」192時間先まで天気図復旧のお知らせ

2017-04-30 17:27:47 | おしらせ

山の天気予報をご利用の皆様

平素より、山の天気予報をご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日早朝に発生したシステム不具合により、「専門・高層天気図」の192時間先までの天気図が更新されない状態となっていましたが、本日17時頃に最新の表示に復旧いたしました。

なお、「専門・高層天気図(84時間先まで)」「気象レーダー」「衛星画像」「24時間予想図」「48時間予想図」および、赤岳、丹沢、剱岳、乗鞍岳のページに記載されているライブカメラにつきましては、13時30分頃に復旧しております。

このたびの表示の不具合により、皆様にご不便をおかけしましたことを、改めて心よりお詫び申し上げます。

山の天気予報
システム担当


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「山の天気予報」表示不具合解消のお知らせと本日の天気予報配信時間変更についてのお詫び

2017-04-30 13:57:33 | おしらせ

山の天気予報をご利用の皆様

平素より、山の天気予報をご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日早朝より、システムに不具合が発生したため、「専門・高層天気図」「気象レーダー」「衛星画像」「24時間予想図」「48時間予想図」および、赤岳、丹沢、剱岳、乗鞍岳のページに記載されているライブカメラが最新のものに更新されない状態となっておりました。本日13時50分頃に、一部の機能を除き、復旧しております。
ただし、「専門・高層天気図」の192時間先までの天気図が昨日の初期時刻のままとなっており、復旧が完了していない状況です。こちらの復旧につきましては、今夜遅くとなる見通しです。

また、本日の予報(週間予報を含む)はシステムの復旧が遅れたため、18時00分ごろの配信となります。
引き続き、皆様にはご不便をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。

山の天気予報
システム担当

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「山の天気予報」サイトの表示不具合につきまして

2017-04-30 07:19:31 | おしらせ

山の天気予報をご利用の皆様

平素より、山の天気予報をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

現在、システムの不具合により、「山の天気予報」サイト内の「専門・高層天気図」および、「気象レーダー」「衛星画像」「24時間予想図」「48時間予想図」が最新のものに更新されない不具合が発生しております。

また、赤岳、丹沢、剱岳、乗鞍岳のページに記載されているライブカメラにつきましても、現在、最新のものが表示されておりません。原因を調査中ですが、不具合の解消には至っておらず、皆様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

なお、天気予報や大荒れ情報に関しては、正常の表示となっております。

復旧の際には再度、メールおよび山の天気予報無料トップページにてお知らせいたします。

 

山の天気予報 システム担当

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「山の天気予報」サイト閲覧不良につきましてのご報告とお詫び

2017-04-13 15:24:16 | おしらせ

「山の天気予報」をご利用の皆様
平素より、「山の天気予報」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

昨夜、「山の天気予報」で使用していますDNSサーバの変更作業を行わせていただきました。この作業は、サーバ管理会社の更新手続きに伴うもので、昨夜のうちに正常に終了しております。
しかしながら、本日、一部のプロバイダにおいて「山の天気予報」のサイトの閲覧ができないことが確認できました。なお、この障害は現在、復旧しております。万が一、正常にアクセスできない場合には、大変お手数ですが、ご利用のプロバイダを明記の上、admin@yamatenki.co.jp までご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

一部のお客様に、ご不便をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

山の天気予報
システム担当
渡部

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猪熊隆之の観天望気講座94

2017-04-08 17:02:54 | 観天望気

今回は、疑似好天を観天望気から予想する方法についてお話しします。

疑似好天とは、一時的に天気が回復した後、天候が急変して風雨や風雪が強まるなど天候が回復したように見えて、実は一時的な回復にしないような天気のことを言います。

過去には1989年10月連休の立山での大量遭難や、2012年GWの北アルプスでの大量遭難など、疑似好天によって起きているものが少なくありません。

山麓の予報(無料サイトでは、山の天気予報と書かれていても実際には山麓の予報であることが多いので注意)では予想できないことが多く、山頂の精度の高い予報を発表している所でも、悪天となる時間が早まったりすることがあります。

したがって、最終的には現場で天候悪化を予兆させる雲が現れないか確認することが大切です。疑似好天は日本海側の山岳で多く発生します。そこで、ここでは北アルプスや白山、谷川連峰、越後三山、飯豊・朝日連峰、月山など日本海側の山岳で疑似好天の前に見られる雲の変化について説明します。

1.登山口で山にかかっている雲を確認

登山口で山に雲がかかっているかどうか確認しましょう。たとえ、山麓で晴れていても下の写真のように山にベッタリ雲が張り付いている場合、山では荒れた天気になっていると思ってください。

 

下の写真は、上の写真と同じ日の1時間後のものです。このように時間とともに、山に張り付いている雲が大きくなり、次第に中腹以下を覆うようになってくるときは、天候が悪化していきます。

ここまでの写真は白馬村振興公社提供(八方池山荘のライブカメラより)

別の疑似好天の日の雲変化を見ていきましょう。今度は、山の上にも雲がない場合です。

稜線でも青空が広がり、中腹に雲が湧いている程度です。この後も好天が続くと思ってしまいそうな空ですね。

ところが・・・。

山の上に雲が張り付いてきました。さらに・・・。

山全体を雲が覆うようになってきました。この時点で山は猛吹雪となりました。

このように、山に張り付く雲について観察することが、疑似好天を判断する際に大切です。

2.日本海の方向にある雲を確認

日本海側の山岳で天気が大きく崩れるときは、日本海の方向から雲が接近してきます。稜線や、日本海の方向が見渡せる尾根上にいるときには、日本海(多くの山岳では西や北西側)の方向の空を頻繁に観察するようにしましょう。

下の写真は、あるGWの日の空です。この日は山麓の天気予報では好天を予想しており、山頂の予報でも午後からの崩れを予想していましたが、予想より早く、午前中から崩れてきました。この天候悪化などの影響により、北アルプスでは遭難が相次ぎました。

写真は燕山荘から燕岳、立山方面を見たものです。つまり、北~北西方向にあたり、日本海の方向になります。白い盛り上がった雲と灰色の雲がうねったように連なっています。

これはレンズ雲と言い、上空の風が強いときにしか発生しません。既に稜線では風が強まっているか、今強まっていなくても今後、急速に強まっていくことを示しています。

さらに時間が経つと、雲は厚くなり、レンズ雲は灰色に変わっていきます(下の写真)。こうなると、悪天になるのに時間がかかりません。この状態で撤退するのは遅すぎます。上の写真の状況から、今日の天気が予想より早く崩れることを察知し、表銀座方面の縦走を取りやめ、燕岳の往復に切り替えたり、合戦尾根を下山するという判断をすることが大切です。

ここまでの写真は燕山荘さんにご提供いただきました。

また、日本海の方向に下の写真のような雲が現れたときは要注意です。

もくもくとした雲が帯状に連なっています。また、雲底が暗くなっています。この雲が違づいてくると、天気が急変し、落雷や強雨、強い雪、突風などの激しい気象現象をもたらします。

上の写真は右側が日本海の方向です。右側から真っ黒な雲が近づいてきています。すぐに、森林限界内など安全地帯まで避難する必要があります。

登山前には山の上の雲を、登山中には日本海の方向や上部にかかる雲をチェックして、天候悪化を察知しましょう。

 ※図、文章、写真の無断転載、転用、複写は禁じる。

写真、文責:猪熊隆之

コメント
この記事をはてなブックマークに追加