趣味・興味プラス挑戦

郷土史、登山、スキーなどを写真と共に書き綴っております

Kennyのぶらりカメラを提げて:三上山から

2017-07-12 19:52:04 | 三上山

       Kennyのぶらりカメラを提げて
                             三上山からこんにちは
                   花の百名山:三上山

                         
                    日頃あまり見ることが出来ないお花では・・
                         (私、お花も全く知らない世界ですが)

                   
                                            
三上山(滋賀県野洲市)432m   
                       (撮影:5月29日、17) 

 
    

6月、7月になると三上山には・・・
トンボソウ
  
                                 撮影:7月11日、17 三上山で

     今シーズン、三上山仲間が群生する別の場所に案内してくれました

        
                                              7月11日、同

コクラン

  
                                           7月11日  同

       


ツルアリドオシ


                                          7月3日、2017 三上山で
                                  この日、すでに時期は過ぎていました


三上山は花の百名山なんですよ
それはイワナシです。

   
                           
撮影:2014年3月31日 三上山で

   
                                                     
イワナシの実
                                             
撮影: 2014年5月8日  同


   
                                          
撮影:2014年5月27日 同
                               ちぃちゃい頃、大事なだいじなおやつでしたな

『花の百名山』
田中澄江が、1980年(昭和55年)に発表した随筆集。1980年第32回読売文学賞
(随筆・紀行賞)を受賞。また、同書で紹介された100の山も指す
 ウィキペディア)

               ウィキペディア:花の百名山

        今日もご覧くだいましてありがとうございました             
                                                                            

                                 (7月13日、17 更新) 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kennyの郷土史:融神社 | トップ | 5爺の自転車を漕いで:近郊... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
可愛い山野草! (ちひろ)
2017-07-14 20:53:14
kennyさま、こんばんわ。
三上山の山野草、可愛いですね!
控えめにでも華やかに、癒されますね~
三上山登山、まだ諦めてはいませんので・・・その内にと云っても、獣や蜂や蛇さんなど怖いから、冬場にします。

市庁舎建設の説明会や、団地隣の工場の説明会で毎晩参加して、意見も言うので神経が高ぶって睡眠不足しています。
おやすみなさいませ。
控えめ (Kenny)
2017-07-15 12:11:50
控えめにでも華やかに、ぴったりの表現ですね。さすがにお花を愛でる方こそです。 

咲いているところは登山道から、2,3mメートル離れた所で私にはとても寂しい、日も僅かしか当たらない場所です。 また本当に小さなお花ですから写真に撮って拡大して鑑賞。 その可愛らしさが分かります。

ええ、もう蚊が、蜂がと。蚊取り線香とスプレー持参です。

コメントありがとうございます。
言われてみれば... (八幡遊人)
2017-07-18 21:53:03
Kennyさん、こんばんは。
そうですか。山野草、小さな花なんですね。
トンボソウ、よくよく見ればトンボを横から見た形にそっくりでした。それでこの名がと一人合点。
いや昔の人はよく自然を観察しています。ぼうっと見ていた自分が恥ずかしいです。それに花を見つけ出すのも大変そう。観察眼にすぐれていないと自然学者には成れないですね。いや自然に限らず、歴史も文学もなんでも見る目がないといけないのでしょう。これから自分も少しでも見る目を磨いていきたいと思いました。
また素敵な山野草の写真をお待ちしています。
山野草 (Kenny)
2017-07-19 07:31:51
八幡遊人さん、おはようございます。

これらのお花は木漏れ日がやっと届くところに枯葉の間から茎が出てその茎に咲いています。トンボソウ、コクランともに10cm、20cm位の茎にお花が幾つもついています。花一つはほんの1,2cmなんですね。

数年前から三上山仲間が教えてくれて目がいくようになりました。 そうですね、 観察眼がないと、と思います。

それと男どもでもお花に詳しく、お花の好きな方がいくらでもいるんです。男でも、がおかしいのでしょうが(笑)

歴史も文学・・・、同感ですね、

21日の仲川靖先生の講演、微妙なんですが、拝聴できれば音声他資料宅フャイルしますね。

コメントありがとうございます。
三上山の花 (めりい)
2017-07-22 11:35:06
三上山にこんなにいろんな花が咲いているとは驚きです
中でも「イワナシ」の花の色が綺麗ですね。
実もなるのですか
>ちぃちゃい頃、大事なだいじなおやつでしたな
え~~食べられるのですね。
花から実への移り変わる季節を追って、きちんと写真に収められているkennyさんに拍手
かなんな~都会の子は・・ (Kenny)
2017-07-22 15:34:17
湖北の山間のわずかな平地に肩を並べるように家が建っている寒村、”かんそん” と何かの書物で紹介されたときに小学生だったKenny少年はささやかにもショックを受け、見ていろその内に・・、とやがては大都会の湖南、野洲市に居を構え、今イワナシを語っています。 

その小学生の低学年時代は野原でうつ伏せになって蛇とイワナシ(実際蛇が横にいたわけでは絶対にありませんが!)を奪い合って食っていました。蛇も大好物とお袋から聞いていましたね。

写真を撮った2014年、食ってみましたが、なんと酸っぱいことったら。 桑の実、アケビ、栗、柿なんぞはだいじな・・、当時Kennyは今お猿さんでしたな。

そうなんですよ、イワナシも食べました。

ありがたい三上山、週に何度も通いますので、定点観測は可能ですね。 今日トンボソウを見に行ったらも茎だけになっていました。

めりいさん、コメントありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。