木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

今朝ものんびり起き、Mayと歩いてきました。

歩いていて、特に右脚の疲労回復が実感できるのがうれしいです。

さて、今回のマラソン完走にもっとも貢献したのが Garmin Foreathlete 35Jです。

このGPSと連動した1kmごとのラップ表示がレース中確認できなければ

私のペースはだらだらと落ちていったでしょう。

手帳に書き起こしてみました。

最初のスタート地点までのタイムロスと2km過ぎまでの渋滞を考えると

ほぼ15kmまでは5分10秒/1kmで軽快に走れています。

5km毎のラップも26分前後。

「フルマラソンってこんなに楽しくて楽なの?」

16kmは私が普段の練習でレギュラーコースに設定している距離です。

ラップは正直なものでそこを過ぎると5秒ほど落ちます。

「ちょっと苦しいな。」

19km表示のところで右腿裏に軽いけいれんが走ります。

「やばい!、つった。」

楽勝どころか完走に赤信号。

コースも河川敷沿いから海岸通りの起伏や変化があるところ。

ラップは転げ落ちるように落下。

20~25kmは27分35秒。

最も苦しかったの30kmまでの区間。

本当にやめたくなります。

立ち止まって富士山の写真をスマホで撮っているランナーの余裕が

私にはアンビリバボー。

ラップはかろうじて5分50秒台。

30~35kmはついに6分台のラップも出てきます。

30km通過は2時間47分39秒。

6分を超すとsub4は夢と消えます。

どんどんと女性やシニアのランナーが私を抜いていきます。

くやしけれど反応できません。

「4時間切れなくても、完走できればいいや。」

弱気にもなります。

ただ、前方には脚がつって歩いているランナーが私の勇気です。

村上春樹さんの言葉を思い出し、自分を鼓舞します。

「完走とは歩かずゴールすることです。」

右腿だけでなく、ほかにもつりそうなところが。

走ります。

立ち止まってストレッチをしたいけど、止まるとそのまま歩きそうでできません。

35kmまでの5kmはかろうじて6分を切る、29分37秒。

何とか、完走はできそうですが、sub4はぎりぎり。

私の時計のラップとレース上の距離には300mのずれがあります。

時間にして50秒、最後はこれが問題になりそうな展開。

ただ、コースに救われました。

36kmからは緩い下り、ここでラップを15秒ほど助けられて

40kmまでの5kmは29分23秒。

ここまでトータル3時間46分39秒。

3時間58~59分台のfinish timeが確信できました。

あとは両足首に来ている軽い痛みがつらなければ大丈夫。

さらにストライドを狭め、ごまかし、ごまかし走ります。

Finsh Timerが57分を示しているのが見えます。

「あと300m、もう大丈夫だ!あそこまで行けば歩ける。」

このときほど歩きたいと思ったことはありませんでした。

本当にこのGarminの腕時計でラップを刻んでなかったら

完走はなかったと思っています。

 

今回のマラソンレースに臨む4ヶ月の練習では、

スマホあるいはGarminでゴールの距離と記録は必ず控えましたが、

練習中は一切時計を見ないと言うのを鉄則にしてました。

しかし、season2では練習中もラップを見て合理的な練習をしようと思います。

今回のレースから学んだことの1つです。

 

それでは今日も元気に行きましょう!

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ご褒美は「仲... 余暇は刃物研ぎ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。