木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)




今朝は湿気が多いのか、村を流れる
川の周辺はもやがたちこめています。

さて、1月に盛んにやっていた映画『感染列島』の
キャンペーンCMも終わりました。
『武士の一分』以来、俳優の壇れいのファンになりました。
その彼女も出演してましたが
映画はヒットしたのでしょうか?
今回の感染列島は私の背中です。
先週帰省の時にいった皮膚科で大変なことがわかりました。
正月以来背中がかゆくて、
アトピーが悪化したかなと思っていました。
皮膚が破れるくらい掻きたくなります。
それで、先生の診察を受けたら
「あっこれはアトピーではなく、白癬菌ですね。」
「うん?」
つまり、足の水虫の菌が背中に感染した
と言うことだそうです。
帰って妻に話し背中を見せます。
妻が背中を見てびっくりします。
「何!背中ひどいじゃん。ハムみたいになっている。」
一人暮らしの哀しさ、自分の背中はかゆいと思っても
見たことがありませんでした。
そこで妻にデジカメで写真を撮ってもらい背中を見ます。
「ひどい!」
確かに背中に大きなハム1枚くらい赤く炎症してます。
息子も「この写真をブログに載せちゃだめだよ。」
言うくらいの気持ち悪さです。
それ以来、使い捨て手袋をつけて朝のランニング後と
夕方の入浴後は、抗真菌剤を塗っています。
今朝は足に痛みを感じたので
ついでに湿布も貼りました。
かゆみはだいぶおさまりましたが、
ハム大の炎症は小さくなりません。
海のシーズンが始まるまでには治っているでしょうか?

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« 薪ストーブ修理 今年も咲きました »
 
コメント
 
 
 
体部白癬 (y20113jp)
2009-02-21 00:48:09
体部白癬(背中の水虫など)は、感染初期には治りやすいのですが、年月がたつと水虫薬を塗っても治りにくくなります。
水虫専科では、水虫特効薬を販売しています。背中の広範囲な水虫でも簡単に治します。一度お試しください。
ただ、水虫を完治させるためには、2-3ヵ月程度の連続処理が必要です。海のシーズンまでには軽く完治できますよ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。