木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

早朝から快晴、散歩、バイク順調にこなしました。

バイクは森町亀久保、吉川キャンプ場までの61km、2時間20分の小旅行。

今日のイメージは残り60Km、一人で逃げを狙うツール・ド・フランスの展開です。

そろそろ給水ボトルを携行しないと、熱中症がやばいかも。

さて、昨日午前、冷蔵庫見ると妻がナスとインゲンを買ってありました。

迷わず、カレー!

スパイスボックスからホールとパウダーのスパイスを取り出し、

野菜を切っただけで夏の彩りになります。

ナスも画像にするとなかなかフォトジェニックです。

弱火でベイリーフ、唐辛子、クミン、カルダモン、シナモン、コリアンダー、マスターシードの香りを出します。

粒の周辺が軽く泡立ち、香りが漂いだしたら

みじん切りにしたタマネギを入れ、「強火で6分ルール」で炒めます。

ちょっとタマネギが多かったようで、きつね色にはなっていませんが、いいでしょう。

火を止めて、ターメリック、クミン、コリアンダー、ガラムマサラ、カレー粉の粉類を混ぜ合わせます。

弱火で焦がさないように注意して2分ほど加熱すると香りが立ってきます。

輪切りにしたプチトマトを加えます。

チューブのショウガ、ニンニクを各大さじ2ほど入れ、水を適宜加えて、沸騰後強火で10分加熱。

その間に鍋にサラダ油大さじ1とバター30gで

ナスとインゲンを炒めます。

バターでナスとインゲンを煮る感じですね。

ソースを深めのバーミキュラ鍋に移し、ミキサーで粉砕します。

3分ほどできれいなソースになりました。

豚ももスライス肉を一口大の大きさに切り、ヨーグルトとガラムマサラでマリネしておいたものを

冷蔵庫から取り出した、ひっつかないように一枚一枚カレーソースに入れていきます。

ナスとインゲンも加えて再加熱、弱火で10分煮ます。

こんな感じに仕上がりました。

最後にゲランドの塩をしっかりと効かせ(この量で大さじ2~4)、ガラムマサラも少々加えればできあがり。

見た目よりもスパイスと酸味のきいたカレーになりました。

それでは今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 恒例の道普請 水遊びはシャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。