木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

早起きして、図書館コースをMayと歩いてきました。

私はまだ右脚、ふくらはぎにしこり感があるのでランニングは見合わせます。

今日、治療に行くので明日は走れると期待してます。

さて、木工は木材と木材を組み合わせていくのが主な仕事です。

2本の角材を直角に組むのが「組み手」、代表的な技法は「ほぞ」です。

それに対して2本の角材を直線方向につないで伸ばしていく技法が「継ぎ手」です。

家具や建具作りでは「継ぎ手」を使うことはほぼありません。

作品の大きさが2m以内なのでつながなくても1本の木材で間に合うからです。

だから継ぎ手を使うのは主に大工仕事になります。

宮大工などの仕事に複雑な継ぎ手はたくさんあるようですが、

一般住宅では「蟻継ぎ」と「鎌継ぎ」があれば十分です。

先週、土台のつなぎに鎌継ぎをやりました。

名前の由来はうろおぼえですが、形が蛇の鎌首に似ているかららしいです。

丸鋸、のこぎり、かんな、のみを使い加工します。

まあまあのできだと思います。

横から見るとこんな感じで、これはオスの方になります。

メスと合わせたのが、巻頭の写真です。

これで角材が直線方向につながっていき、大きな家を作ることができるのです。

年度当初で多忙ですが

しっかり食べて(サラダが皿からボウルに増量されました)もちろん、飲んで乗り切ります。

それでは今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 地ダコで作る... うまかっちゃん »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。