木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

薄曇りに雨を期待しているのですが、雷神さんの力が弱いようで。

月一、磐田で迎える日曜の朝ですが、いつも通り早起きし、Mayの散歩を済ませます。

バイクのタイヤの空気圧をチェックし、ポンプで7.5barに入れます。

そう今日はlong rideの朝です。

巻頭の画像は森町天方ここまで20km、プロローグの終了。

ここを右に曲がればアクティ森方面、左に曲がれば三倉から春野町です。

今日は左、いわゆる信州街道です。

10kmほど緩い登りが続きます。

一月前に比べ、乗車中の撮影もうまくなりました。

三倉の集落を過ぎると登りも少しきつくなりますが、まだ余裕。

三倉トンネルも乗車しながら撮影、若干ぶれてますが、いいでしょう。

トンネルを過ぎたら下りを期待してたのですが、登りが続きます。

苦しくはありません。

山の中に開けた集落があるとなぜかうれしくなります。

今度こそ、このコース最後のピーク、周智トンネルです。

帰宅後、Garminで軌跡を調べると伊豆の私の山荘と同じ標高323m、

これでは登りが苦しくないのは当たり前です。

トンネル抜けたらdown-hill。

登りの時に試されるのは自分の筋力と持久力ですが、下りでは自転車の性能、安全性。

フレームとホイールの強度、タイヤのグリップ性、そしてブレーキの制動力。

ブレーキレバーに軽く指をかけ、腰を浮かせ気味に引いて、頭を下げ、下ります。

初めての道で大曲のカーブのRが分からないので慎重に。

あっという間に春野町の犬居に着いてしまいました。

この下で一月前、Mayが水遊びをしたところですが、あれ以来まとまった雨が降っていません。

ここからは軽い登りになりますが、薄曇りなので体力は全く消耗してません。

そして、時計の距離計を見ると、距離も意外と伸びていません。

さあ、最後の登りですが、スマホを押しながらの

余裕のriding,ここから先は二俣の町までは快適な下り。

今日の練習は終わったようなものです。

 豊岡村の交差点で最後の撮影。

大汗をかくことも疲労困憊することもなく、8時過ぎに我が家に到着。

距離72.4Km、時間2時間55分49秒、平均時速24.9km、消費カロリー1606カロリー。

ちょっとlong rideと呼ぶには物足りない感触です。

これなら平日の火曜あたりの「長い日」の練習として使えそうです。

やはり、long rideを名乗るなら90kmは行かないとねという感じです。

練習後の朝食はブルーベリーと蜂蜜入りヨーグルトとカフェオレです。

 

それでは今から庭の槙の木を刈ります。

皆様もよい日曜をお過ごしください。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ベトナム風コ... 庭師のまねごと »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。