いい酒いい人との出会いを大切に!

銘酒専門店「山下酒店」が綴るトピック情報

旨い発泡酒

2009年04月04日 15時00分09秒 | ニュース・時事

北朝鮮の○○弾頭ミサイルは果たして打ち上げられるのか。ここ一番の国土防衛軍事能力が試される瞬間が訪れるのか。

桜も開花したような、していないような肌寒い日ですが今日は飲食店さん主催の花見酒の会にお手伝いに行ってまいります。ジャズの生演奏もあるそうで、かなり盛り上がりそうです。

さて、CMで「一番旨い発泡酒を決めようじゃないか」というようなフレーズで挑戦的に殴りこみをかけているのが目に付きます。アサヒビールさんが発泡酒売上No.1ブランド”キリン淡麗”を意識しているものと察することが出来ます。ビール部門ではキレ、辛口を訴求した「スーパードライ」を発売し、当時の巨大なシェアを誇ったキリンラガーを駆逐。その後、世の不景気で節税ビールとも言われた発泡酒が開発され、仕方なく最後発で参入。でも同様なキレを追求した味わいのものを開発発売するとスーパードライの需要が減ってしまう懸念から、どうしてもコク、キレの順番になり、うま味はあるが重たい味わいになってしまっていたそうです。逆に麒麟麦酒さんはビールではあくまで旨味(苦味)を追求してきた路線(自縛)を発泡酒ではジャンルが違うということで、かってアサヒビールさんが行なった味わい「キレ、爽快」にゴクゴク飲める「キリン淡麗」を発売。一気に逆襲を仕掛けた。今回の「アサヒクールドラフト」はシルバーを基調としたラベル、気合の入ったCM、スーパードライを死守しつつ、第二の逆転劇が起こるのか。そして、当店のビール系自動販売機のレギュラーポジションを奪うのか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加