山下建築舎.blog

東近江市で住宅設計をしている建築事務所

通風、採光

2017-07-12 | 建物
以前は大きな引違い窓がついていた南側の壁面。
交通量の多い道路に面しているため型ガラスで採光は取れるものの
開けると中が丸見えに。

今回壁面の耐震+断熱改修に合わせて窓も樹脂製の断熱サッシに改修。
季節のいい時は風を通し、でも視線は遮りたい。

そこで 横滑り出し窓を採用しました。


引き違いや上げ下げ窓だと窓を開けて網戸にすると中が見える
でも 横滑り出し窓で型ガラスなら
窓を開けて網戸の状態で風を通しながらでも中は見えにくい。



+少々の雨なら吹き込まない。

以前は閉めっ放しが多かったを窓を開けることで
風通しが改善されそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 床断熱 | トップ | 減築部分の壁補修 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。