メンテナンスについて!!

2017-07-17 11:59:08 | ヤマシゲ組&パーツ交換
ベアリングオーバーホールのついでにフッ素コーティングしてほしいの依頼を受けましてバラバラにしました。
セラミックベアリング搭載なので念入りにコーティングします。

この状態で半日ぐらい置けばグリスを入れて完成です。

フリーボディーのベアリングも洗浄オーバーホールします。こちらもフッ素コートをします。
フッ素の力で寿命アップです。転がりも軽くなりますので是非フッ素コーティングおすすめです。

ヤマシゲサイクルでは1台1台組み立てしております。1台のバイクに2~3名でチェックします。それでも音鳴りなどは本人確認でしか最終チェックはできません。シューズを履いた状態で踏み込んで坂を上らないと出なかったりしますので最終的にはお客様に距離を乗っていただき完了となります。
まだ音鳴りしますよ==って言われることもありますがその際はすでに作業済みの個所は問題なしなのでペダル・シューズ・ホイールからなる場合がほとんどですのでお持ちただく際はシューズ・音鳴りがしているときに使っているペダル・ホイールも必ずお持ちください。
その際に確かめてほしい箇所が一か所ございます。ボトルゲージのねじの締め直しです。このボルト1本で音鳴りしますので確認してください。

近年のバイクは軽量化が進みパーツやフレームから音鳴りがします。基本的には金属と金属が触れている個所はすべて鳴ると思います。
BB30のフレームは音鳴りが多いと言われていますが基本的はすべてのバイクから音鳴りがしておりますのでそれを見つけて治すことが大事です。
お時間を頂いたりするのでお客様にはご迷惑おかけしますが最後には必ず原因を突き止めて治しますので宜しくお願い致します。
1回でダメな場合もありますし2回でもダメな場合もございます。金属と金属を接する箇所をすべて確認するにはフルオーバーホールと同じ作業になりますが出来るだけ料金を抑えるように一か所一か所行います。
[人間ドックと同じように考えていただけると助かります]

他店で購入されたバイクの点検や修理のご依頼も大歓迎ですので是非お持ちください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かき氷最高!! | トップ | RIDEA 楕円リング入荷 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む