2018年注目度Noロードバイク

2017-06-20 13:10:46 | 店長のめっちゃいイ
入門用のロードバイクは妥協して買われる方が多いかもしれません。もっと軽いフレームが良かったが・・・パーツを軽くしてもあんまりだな・・・やっぱりフレームが・・・など考えることが多いかと思われます。

皆様に救世主が現れます。
Newアレーです。当店ではいち早く試乗車を準備します。今週末までには試乗車が乗れると思います。
まだ乗ってないので何とも言えませんが竹谷さんのインプレなどを見るだけで期待度がアップしております。

http://www.specialized-onlinestore.jp/contents/blog/detail/293
新型アレーについて!!
■超軽量: 先代機と比べ、フォークとフレームで450gの軽量化に成功。ヒルクライムやレースでも軽さはパフォーマンスを高めると同時に自信にもつながる。階段など都市生活でバイクを担ぐときにもうれしいポイント。
■ハンドリング性能:より軽く、強くなったヘッド周り。E5アルミ製のテーパーヘッドチューブと、専用設計のフルカーボンフォークは、乗ればすぐに感じられるほど鋭く、正確かつスムーズなハンドリングを実現。
■ジオメトリー:Retul Fit Databaseに蓄積された全世界のアレー・ライダーのデータをもとに、彼らの要求に高水準で合致した新ジオメトリー。上位機種「ルーベ」に近づいており、より多くのライダーのニーズに応えてシャープな運動性能を発揮。
■多様性:700×28cまでの太いタイヤ・クリアランスを持ち、ラックやフェンダーも装着可能。ライダーの可能性を拡げ、理想のライドを実現する機能を搭載し、パフォーマンスを損ねることなく実装。


私どもが注目しているのがフロントホークです。コラムもカーボンになりさらに軽量化してありそうです。
アルミフレームとフルカーボンホークの相性などコーナーで突っ込めるか?
段差での振動吸収性はどうなのか?
距離を乗った時の疲れ具合はどうなのか?
進む感じはスペシャライドのバイクと言えるのか?

価格105仕様¥150000税抜 SORA仕様¥100000税抜

楽しみですね。来年は入門用のアルミロードは選びたい放題なのか?と感じずにはいられませんね。
Cannondle CAAD12という絶対的なアルミロードバイクに追随するロードバイクになるか楽しみです。

乗ってみてインプレしますね。カーボンバイクとの違いやCAAD12との違いなど気になるところは多いと思いますが価格も全然違いますので予算で選ぶのもありかもしれませんね。楽しみが増えるのいいことです。
ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スズカ山系ロングライドへ行... | トップ | 7月 イベント案内 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む