炎に魅せられて

丸山俊夫があなたの薪ストーブライフを応援します。

山伏山という山は初めて知りました。

2016年11月21日 22時43分25秒 | 登山・ハイキング
津南町にあるこの山、


標高は高くないし、登山口のあるキャンプ場から30分ほどで登ってしまった。


今回(12日土曜日)は、この山を登るつもりで出かけたわけではなく、

苗場山を登山する予定であった。

が、小赤沢登山口のある3合目手前の車道で、

すでに通行止めのバリケート。

しかも、雲の中にいると見え、雨・・・


連れのMと相談して、苗場は中止することにした。

ただ、何小歩かずに帰るのは寂しいということで、

その場で、代わりに楽しめる場所はないか検索してみる。

標高の高い苗場は雨だったが、他の場所に行けば降っていないと確信して山伏山を選択した。

案の定雨は降っていない。

そして、とてもポカポカ陽気だった。

山頂までは30分程度で到着し、

そこで昼食とした。


とてもお手軽な山であるわりには、キャンプ場から望む山伏山はかっこいい。


いずれまた訪れたいと思った。





落ち葉のじゅうたんが敷き詰められた登山道



山頂のお地蔵さんは神仏混合なのかな?



山頂からキャンプ場を見下ろす



同行したMにゃん/font>


下山は別のルートを歩く。

風穴


下山した後、キャンプ場の池の湖岸にて山伏山を見つめる。

逆さ山伏山




『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米山大鍋一泊登山 | トップ | 放山登山道整備 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。