ヤマセンの気まま日記

カメラの趣味が嵩じて あちらこちらへ出掛けては ブログのネタ探し。
写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

成羽・広兼邸

2016-10-16 06:31:46 | お出掛け

吹屋中心より3キロほど離れた場所にある 成羽・広兼邸

映画「八つ墓村』ロケ地

 山林王 多治見家の家の外観として使用され、全国に知れることとなった広兼邸 


成羽・広兼邸

江戸末期に建てられた楼門づくりの邸宅

城郭を思わせる どうどうたる構え  



正面には 明治初期 広兼個人の神社として祀られた 天広神社も・・・

 


岡山県高梁市成羽町に広がる  日本の原風景

          


 

ご訪問に 感謝

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続 天空の町並・吹屋 | トップ | 日本の原風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
八つ墓村 ()
2016-10-16 22:27:10
こんばんは

TVで見ました。
ここがロケ地ですか?
そういえば、このような立派なお屋敷でしたね。
山林王のお屋敷なんですね。
すごいですね~!

今もだれか住んでいるのでしょうか?

豪農商の邸宅 (ヤマセン)
2016-10-17 10:34:45
咲さん  ありがとうございます。
私もこの映画は見ましたが、その場所が岡山県高梁に存在したとは 驚きでしたよ。
映画での設定は山林王の屋敷として使用されましたが 実際は銅山経営とベンガラの原料であるローハ製造で巨大な富を築いた豪農商の邸宅だったんです。

今は誰も住まれてないみたいでしたが 邸宅も凄かったですよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。