ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシングなどが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

梅雨時のオクシズで(2)

2017-07-23 | 自然観察

梅雨と言う程雨は降らなかった今年。オクシズの山中で小鳥たちを探してみた。


ルリビタキの幼鳥。何故ルリビタキと分かるか、というと理由は簡単。


こいつから餌をもらっていたから。1枚目の写真(シルエット)がパパのようだ。


別の場所(標高1900m付近)に居た別のルリビタキ。


ヒガラは結構見かける。


コガラも混じっている。


ヤマガラも餌探しで忙しそうだ。


スッキリした場所で気持ち良さげなビンズイ。


アカハラも居る。声も頻繁に聞こえてくる。


冬とは全く別の鳥のように溌剌としているアオジ。


カケスがうっかり近くに降りてしまったようだ。この直後慌てて飛び去って行った。


雲の向こうに南アルプスを望む。涼しい微風に当たりながら、鳥の声を聴いていると下界に戻るのが嫌になるのだ。

また来週です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨時のオクシズで(1) | トップ | 夏トンボ種々雑多(夏の麻機... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。