ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシングなどが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

山籠もり種々雑多

2017-07-17 | 自然観察

梅雨時だが今年は残雪が多い御嶽山。隠れ家裏の蕎麦畑から望遠で撮影。左のピークが剣ヶ峰だ。


穏やかな山容の継子岳。


逆方向を眺めると中央アルプスの山並が連なる。


本流の大場所から出た27cmのイワナ。なかなかのファイターだった。フライはイブニング用に#12に巻いたホワイトパラシュート。


#15オレンジカディスに出た塩焼きに手頃なサイズのイワナ。


電線からカッコウがこちらを観察している。


丸くて小さいコヨウラクツツジの花が咲いていた。標高は1800m程度か。


渓流沿いに多かったクルマムグラ。


ケシ科のクサノオウ。アルカロイド系の毒草なのだ。


朝露を葉の縁に乗せたフタリシズカ。朝散歩の道端に咲いていた。


オオヤマフスマか?


翅を休めるウスバシロチョウ。朝のため体が温まっていないようだ。


鮮やかな模様が自慢のシロシタホタルガの幼虫。


帰りに寄り道して木曽馬を見学。のんびりとした風景に癒される。

また来週です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨時の山籠もり | トップ | トンボシーズン本格化2(夏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。