ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシング、鳥見などが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

河口アラカルト5

2017-04-23 | 自然観察

先週R山へ登った後、3日間程筋肉痛だったのだ。


以前はR山程度の山で筋肉痛など考えられなかったが、年は取りたくないものよのう。といいつつ今日も登ってきたけど・・・・。


水平気味に突っ込んだミサゴであったが、この後は飛び込まずに再上昇でした。


ブルーアイがイカすウの飛翔。


小枝を咥えて運ぶコウノトリ。


別の日にも枝を咥える姿を見た。若いひかる君に繁殖能力があるか否か知らないが、巣作りも練習かもしれない。


土手の菜の花を映した水面を行くウミアイサ。


セグロカモメ。リップと目の周りの赤、脚のピンクが効いているね。


別の個体。


スッキリした表情のウミネコ。


カモメも混じっている。


砂の中からミミズの様な餌を探しだしたハシボソガラス。

あと一週間でGWだ。その前にまずは5日間仕事を頑張るしかない。まだGWの観察予定は未定なのだ。しっかり計画立てておかないとね。
ではまた来週。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暗い波打ち際で | トップ | コウノトリ百態3 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難う御座いました (よし坊)
2017-04-26 22:27:24
僕のブログにカキコ有難う御座いました。
留守をしていまして返事が遅くなってしまいました事お詫びいたします。
安心料だと思って僕も毎年人間ドックをしています。
相変わらず素晴らしい写真を見せて頂き有難う御座います。
Unknown (ヤマセミ親爺)
2017-04-27 12:47:09
よし坊さん

人間ドックは大事ですよね。
ただ毎年同じことを注意されるのでちょっとマンネリ化
してますが・・。
今年は腹囲が1cm減少したのが嬉しい点でした(でも
メタボゾーンは超えてますけど・・・)。
またフィールドでお会いしたいですね。

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。