ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシングなどが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

麻機春の花色2(春の麻機遊水地シリーズ39)

2017-05-03 | 自然観察

まだ枯れた葦原に遊ぶセッカ。


意外に人懐っこいところもある。


繁殖の相棒はもう見つかったのか?


元気に飛び回っていた。


タネツケバナ。花言葉は「父の失策」だとか。そういう意味のタネツケだったのか・・・。


クサイチゴ。雄蕊の数が半端ない。


棘のあるハルノノゲシ。


ツクシは土手や畦道に多い。


ヒメオドリコソウは何処にでもあるのだ。


ガクが大きく三つ葉なのでヤブヘビイチゴか。


ナナホシテントウも春先が一番目につく。


カラスノエンドウの良く発色した花。


セイヨウカラシナで吸蜜中のモンシロチョウ。


繁殖期の行動が面白いコチドリ。

今日はバイカオウレンを見に安倍奥の最奥稜線に出かけたのだが・・・。2000m近い林床はまだ雪がかなり残っていた。早かったか・・・。
今年は桜の開花も遅かったし、2週間後あたりが見頃だろうか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻機春の花色1(春の麻機遊... | トップ | 低山春の花色1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。