ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシングなどが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

山籠もりの季節

2017-06-30 | 自然観察

毎年、山籠もりは5月からスタートだ。


まだ新鮮で美しいアサギマダラが2羽絡みながら飛翔していた。


マイヅルソウが満開。


ベニバナイチヤクソウはまだ蕾。


農家の旗竿に鳥の後姿。


正体はカッコウだった。金の玉の上で滑りそうだが、この場所が気に入ったようだ。


ラショウモンカズラの目を引く紫。


湿地に多いリュウキンカ。


枝の向こうにじっとしてるのは、どうやらノジコのようだ。


隠れ家裏のタラの芽は丁度食べ頃。


天婦羅にすると若干苦みがあって美味いヤマウコギ。若葉を摘まんで採取する。


のんびりと眺めているだけで十分リフレッシュできるのだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオアカゲラの森 | トップ | 山籠もりでの春の虫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。