青森県津軽りんご通販(ヤマサンりんご園)-ブログ

青森県津軽からりんご、りんごジュースを通販(ヤマサンりんご園から、減農薬りんごの最新情報などをご提供します)

晩生種に苦土(キーゼライト)を撒く

2017-08-13 21:14:25 | Weblog

今日はお盆の入り。予報では一日中雨でしたが、朝に降ったいただけの曇りの天気で、日中は晴れ間も出ていました。

「ふじ」ですが、着色系統はもう赤く縞が目立ってきました。

久しぶりに横径を測ってみると、72mm前後になっていて、乾燥気味で、一時心配しましたが、玉伸びは良好です。

午後に晩生種全部(ふじ、王林、金星、星の金貨)に苦土(キーゼライト)の追肥をする。毎年、今の時期に苦土を入れてやります。春先には元肥として全体に撒いています。何故、追肥をするかですが、りんごは熟期を迎える時期にはリン酸が必要となります。ただ、リン酸そのものは吸収されにくく、それを吸収しやすくするものは苦土です。苦土はリン酸だけでなくカルシウムを吸収するのを助けるのだ。早生種には6月中旬、中生種には7月中旬、そして、晩生種には今の時期に追肥で撒きます。

久しぶりに本人登場です(^^ゞ。丁度、土には湿り気があるし、今日の夜中から明日の朝まで雨が降る予報なので良いタイミングだと思って今日撒きました。

 7月26日に草刈りをして、草が生えかかってきて丁度良い状態だ。
 
 
午後5時前には撒き終わる。あとは雨が降るのを待つだけだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3年ぶりの渓流釣り | トップ | マメコバチの小屋撤去 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事