京丹波町議会議員 山崎裕二 議員活動誌 ブログ版

ごくごく短い文章もありますが、1日3記事以上を心がけ、つづけています。

      ■□■ 今後の議員活動などの予定 ■□■ ほか

 ※ 現時点でのスケジュールです 【当日 直前を含め、変更・追加の場合あり】              

  ▼20日(月) クローバーカフェへ

  ▼21日(火) 一般質問 覚え書き作成  ▼22日(水) 音訳ボランティア ともしびへ

  ▼23日(木) 竹野小へ  護持会 理事会へ  ▼24 日(金) 未定                                  

 ※記事一覧まとめ

   ■丹波マーケス補填問題 一覧■     ■公金横領問題 一覧■   

        ■□■前半2年間の議員活動の振り返り 一覧■□■

蒲生生産森林組合の総会がありました

2017-02-19 20:17:37 | 町内

 本日19時半より、蒲生生産森林組合の総会がありました。

 1年遅れとなりましたが、解散に向けた最後の通常総会になるかと察します。下半期に、数回の特別総会を執り行う見込みです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民法上の成年と成年擬制

2017-02-19 16:47:49 | 調査研究分析その他

 民法 第4条では、

 年齢20歳をもって、成年とする。

と定めています。

 ただし、その例外として、同法 第753条で

 未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

としています。男性は18歳、女性は16歳で婚姻できる(第731条)ので、未成年であっても、婚姻すれば、民法上、成年とみなしますこれを成年擬制といいます。

 ここで、成年に達したものとみなすとしているのは、あくまで行為能力が認められるという意味に過ぎません。したがって、タバコが吸えるようになるわけでもありませんし、お酒が飲めるようになる訳でもありません。

 民法上、成年とみなされるのは、婚姻して独立して家庭をもった者は、精神的に成熟するという考えに基づいています。

 つまり、婚姻した未成年者が身体的にも成年と同様に成熟すると考えているわけではありません。

 例えば、未成年者の喫煙を禁止する未成年者喫煙禁止法は未成年者の健康を考慮してつくられた法律です。ここで問題となるのは、身体的な能力であり、家庭生活で必要となる精神的な能力とは別物だと考えているためです

 そのようななか、今国会で、法務省が提出を検討する成年に関する民法改正案の概要では、

 ・成年を20歳から18歳へ引き下げ

 ・女性が結婚できる年齢は現行の16歳から18歳とし、男女とも18歳に統一する。

とし、戦後直後に定めた婚姻年齢の規定を男女平等の観点から70年ぶりに見直す方針です。成立後3年程度の周知期間を置き、早ければ2021年に施行する見込みです。さて、そのときの和暦は何になっているでしょうか。

 18歳選挙権と並行して、成年に関する議論も変容の兆しを見せつつあります。今後に刮目します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

判例とは

2017-02-19 11:53:58 | 調査研究分析その他

 判例とは、広義には、過去に判決した裁判をいいます。また、狭義には、それらに含む原則のうち、現在、拘束力をもつものをいいます。

 刑事訴訟法 第405条にある

 高等裁判所がした第一審又は第二審の判決に対しては、左の事由があることを理由として上告の申立をすることができる。

 一  憲法の違反があること又は憲法の解釈に誤があること。
  最高裁判所の判例と相反する判断をしたこと。
 三  最高裁判所の判例がない場合に、大審院若しくは上告裁判所たる高等裁判所の判例又はこの法律施行後の控訴裁判所たる高等裁判所の判例と相反する判断をしたこと。

や裁判所法 第10条(大法廷及び小法廷の審判)

 事件を大法廷又は小法廷のいずれで取り扱うかについては、最高裁判所の定めるところによる。但し、左の場合においては、小法廷では裁判をすることができない。

 当事者の主張に基いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを判断するとき。(意見が前に大法廷でした、その法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するとの裁判と同じであるときを除く。)
  前号の場合を除いて、法律、命令、規則又は処分が憲法に適合しないと認めるとき。
  憲法その他の法令の解釈適用について、意見が前に最高裁判所のした裁判に反するとき。

にある前に最高裁判所のした裁判は後者の意味です。

 つまり、最高裁判所は判例統一の役割をもち、刑事事件における下級裁判所の判決が最高裁判所の判例(それがない場合は高等裁判所の判例)に違反したときは、上告理由となるということであり、最高裁判所が判例を変更するときには、大法廷を開かなければならないことになっています。

 判例のなかから形成された法は判例法と呼ばれ、不文法源として、英米では原則的な法形式をなします。他方、日本の現行法では、成文法は不文法である判例法に優先します。しかし、確立した判例は、新たな立法によって変更しない限りは、ときに成文法に代わる効力をもちます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧桧山小の元校長愛用 グランドピアノ 蒲生野中に─京都新聞 丹波版より

2017-02-19 07:47:41 | 町関連の報道・発信

 一昨日の京都新聞 丹波版に、「旧桧山小の元校長愛用 グランドピアノ 蒲生野中に」とあります。

 先生には、ひかり小の学校運営協議会でも、長らくお世話になりました。大事に受け継がれれていくことを喜んでいます。


※1年前の記事 横浜市 ふるさと納税 29億円流出─読売新聞よりWi-Fi 防災拠点への普及急げ─公明新聞よりひかり小 子育てサロンにいきました

※2年前の記事 平成27年第1回定例会 一般質問通告書を提出しました福祉厚生委員会がありました森田議員、村山議員、山田議員と打ち合わせしました総務文教委員会がありました

※3年前の記事 平成26年第1回定例会 一般質問通告書を提出しました下川町から派遣の職員 倉澤さんに会いました京丹波町の介護保険制度の現状

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6億700万円違法公金支出返還請求訴訟 町民報告集会にいきました

2017-02-18 16:48:04 | 町内

 本日14時、蒲生野区民会館へ、町民報告集会にいきました。

 原告団のいう6億700万円違法公金支出返還請求訴訟に関する報告会でした。奥村一彦弁護士ほか原告団より、これまで行われた7回の口頭弁論の内容の詳しい説明がありました。

 

 口頭弁論の最中ですが、予想に反して、前回、町(被告)側の書面での回答が全て揃わなかったらしく、まだしばらくかかりそうとのことでした。

 このようなことになったとしても、何ら困ることはないと自信をもって提案し、過半数8人の議会議員の賛成をもって可決した土地購入と補助金の補正予算案であったはずです。なぜ、回答が遅れるのか、甚だ疑問です。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サタデークラブにいきました

2017-02-18 11:46:32 | サロン・サークル・ボランティア・護持会

 本日9時過ぎ、サタデークラブにいきました。息子と一緒です。

 先週はお休みだったので、2週間ぶりです。ちょっと悪さもしましたが、いつもどおり、楽しく過ごせました。指導員の先生方に感謝しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『議会だより』第51号がアップロードされました

2017-02-18 07:45:05 | 議会だより

 昨日、『議会だより』第51号がアップロードされました。ご覧いただけると幸いです。

 


※1年前の記事 兵庫県南あわじ市 「あわじ国」建国、ウェブで宣言─iJAMPよりひかり小 5年1組に読み聞かせにいきました平成28年第1回定例会 一般質問通告書を提出しました篠塚議員、村山議員と打ち合わせしました

※2年前の記事 とらまえるという行政用語地域支援事業観光シンポジウムにいきました

※3年前の記事 消費生活相談員について調べましたみんなおいディ 上野にいきました総務文教委員会がありました「出張議会報告会・議員出前講座 行います」告知

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚園 本部役員会・評議員会がありました

2017-02-17 16:51:02 | 幼稚園・保育所行事など

 本日13時20分より、本部役員会、つづいて、14時より、評議員会がありました。

 協議内容は、

  ・新年度本部役員について

  ・新年度評議員について

  ・平成28年度事業・専門委員会活動・関連事業・会計決算報告について

  ・3学期行事の反省と来年度への課題について

でした。

 いよいよ、引き継ぎの段階に入ってきました。子どもたちの後方支援のためのPTA活動を、変わらず、楽しみながら取り組んでいただけたらと願っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道路 除雪関連対策費用として1927万円を専決処分

2017-02-17 13:14:20 | 議案確認など

 13日(月)の産業建設委員会で、土木建築課長より、1月16日(月)付けで、道路の除雪関連対策費用として、1927万円を専決処分したとの報告がありました。

 3月議会の補正予算案で承認議案として審議することになります。なお、財源は財政調整基金の取り崩しとのことでした。

 内訳は、除雪委託料として、1891万3000円、融雪剤などの材料費に35万7000円です。

 ちなみに、何度も登場していますが、専決処分とは、地方自治法 第179条

 普通地方公共団体の議会が成立しないとき、第113条ただし書の場合においてなお会議を開くことができないとき、普通地方公共団体の長において議会の議決すべき事件について特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるとき、又は議会において議決すべき事件を議決しないときは、当該普通地方公共団体の長は、その議決すべき事件を処分することができる。ただし、第162条の規定による副知事又は副市町村長の選任の同意及び第252条の20の2 第4項の規定による第252条の19 第1項に規定する指定都市の総合区長の選任の同意については、この限りでない。

 2 議会の決定すべき事件に関しては、前項の例による。

 3 前2項の規定による処置については、普通地方公共団体の長は、次の会議においてこれを議会に報告し、その承認を求めなければならない。

 4 前項の場合において、条例の制定若しくは改廃又は予算に関する処置について承認を求める議案が否決されたときは、普通地方公共団体の長は、速やかに、当該処置に関して必要と認める措置を講ずるとともに、その旨を議会に報告しなければならない。

にもとづくものです。また、これまた、何度も登場していますが、町財政調整基金条例 第1条において、

 本町財政の円滑な運営を図り、一般的規模を著しく超える投資的経費、災害復旧、地方債の繰上償還その他特別の財政需要により財源に不足を生じたときの財源を積み立てるため、京丹波町財政調整基金(以下「基金」という。)を設置する。

としており、本来の趣旨に合致する繰入と評価しています。

 また、本ブログ記事で綴ってきた点についても、委員会で提案し、課長より、検討事項として俎上に載せていくとの答弁を得ています。改めて、3月議会の質疑で議題にし、実効性を高めていきます。

 また、幼稚園、保育所や小・中学校にも、最低1台ずつの動力除雪機の配備が必要と考えています。この点についても、質します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上豊田区 パイプハウス倒壊農家の方を訪ねました

2017-02-17 11:00:20 | 現況確認

 本日朝、上豊田区にお住まいのパイプハウス(ビニールハウス)倒壊農家の方を訪ねました。自作ボイラー含め灯油ボイラーなどを使って、伏見とうがらしを栽培され、真冬にも出荷されています。JA京都の『ぱーとなー』2015年2月号(vol.155)に紹介があります。

 昨日夜、同区内の方より連絡いただきました。

 朝一番で、飛び地の曽根清長地内 粟谷池近くのハウスの現況確認にいきました。複数のハウスが倒壊していました。

  

 

 

 ちょうど、到着されたばかりだったようで、産業建設委員会の協議内容をまとめた改訂版チラシをお渡しするとともに、お話を伺いました。

 お忙しいなか、いろいろと教えていただき、ありがとうございました。復旧に向けた適切な後方支援となるように尽力していきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

綾部市本部 団員減少対策に消防団応援の店募る─京都新聞より

2017-02-17 07:46:40 | 近隣自治体の事例

 1月21日(土)の京都新聞に、「綾部市本部 団員減少対策に消防団応援の店募る」とあります。以下、引用します。

 京都府綾部市消防本部は、消防団員が買い物や施設利用をする際に割引する「消防団応援の店」制度を導入し、協力する市内の商店や事業所の募集を始めた。府内では珍しい制度で、長年続く団員減少の歯止めを目指す。

 利用時に団員証を提示しサービスを受ける制度。市消防本部は料金割引やドリンク1杯無料、ポイント加算、品物贈呈などを想定しており、飲食店や物販、理美容店、宿泊施設などさまざまな業種を対象に募っている。

 登録は市消防本部に特典内容を記した申込書を提出する。協力店には掲示用ステッカーを交付し、市のホームページで店名を公表する。締め切りは設けない。

 消防団員は火災の予防や消火、大雨に伴う水防などの活動で重要な役割を担う。しかし同市では1955年の2520人を頂点に減り続け、条例定数960人を下回る874人になった。

 対策として市は2015年7月から、あやべ温泉など市関連の観光レジャー施設で利用料や飲食代の割引を実施。今回、民間店舗などに拡充を図ることにした。

 市消防本部管理課は「可能な限り広範囲な業種が対象。どしどし応募を」としている。

 問い合わせは同課TEL0773(42)0119。

 市をあげたかたちで、消防団員の方への関わりが増やすことはいいことだなぁと眺めました。折にふれて、提案します。


※1年前の記事 ふるさと納税 ご寄附ありがとうございました─『広報 京丹波』第124号より議会活性化委員会がありました『議会だより』第47号がアップロードされました坂本議員、篠塚議員、山田議員といったんの総括をしました商工会との懇談会がありました

※2年前の記事 平成26年第4回定例会の議事録がアップロードされました平成26年第4回定例会 一般質問の議事録がアップロードされました町民の方とお話しました『議会だより』第42号がアップロードされました

※3年前の記事 保健福祉課にいきました森田議員とクローバー・カフェにいきました瑞穂支所に寄りました『議会だより』第38号がアップロードされました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パイプハウス倒壊被害に遭われた方を訪問して回りました

2017-02-16 17:18:11 | 現況確認

 本日、委員会終了後、パイプハウス(ビニールハウス)倒壊被害に遭われた方を訪問して回りました。坂本議員、篠塚議員、山田議員、山下議員と一緒です。

 東又区や妙楽寺区に向かい、倒壊ハウスや補強ハウスの再度の現況確認をするとともに、本日、農林振興課から発送する最新事業案も口頭でお伝えしながら、13日(月)に産業建設委員会で協議した内容を届けました。

 すでに撤去に向け、作業中の方もおられました。農協への注文処理の状況、関係機関との最新のやりとりなど、生の声も伺いました。

 新たな課題も浮かび上がってきましたので、しっかりと役目を果たしていきます。

 

 

 ※本日、農林振興課から発送する最新事業案を含むとりまとめは、下記をダウンロードし、参照ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29年度京都府公立高校 前期選抜入試の問題と解答

2017-02-16 16:32:48 | 学校行事など

 本日実施の京都府公立高校 前期選抜入試の問題と解答です。

国 語

数 学

英 語

英語 聞き取り

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議会活性化委員会がありました

2017-02-16 15:45:38 | 議会活性化特別委員会

 本日9時半より、議員控室にて、議会活性化委員会がありました。

 協議事項は、議会活性化(議会改革)に係る各会派の意見集約・確認事項の報告についてと今後の取組についてでした。

 複数回、開催した会派代表者会議を受けてです。全会派で合意したことについて、実行に向けた詰めの協議をしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひかり小 校長先生と懇談しました

2017-02-16 14:38:01 | 学校行事など

 本日8時40分、校長室で、ひかり小の校長先生と懇談しました。

 30分ちょっとの隙間時間にお邪魔しました。いつも、いろいろと思いの交換をさせていただき、感謝しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加