後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

「狩猟の趣味の深さ」という連載記事を続けていると心が乱れる

2016年10月08日 | 日記・エッセイ・コラム
狩猟は自然界に生きている鳥や獣を罠や猟銃で獲ることです。
旧石器時代や縄文時代から人間の食物を得るために狩猟が行われて来ました。人間が生き延びるために行われて来たのです。
それが近代の欧米では趣味としても狩猟が発達して来ました。
その趣味としての銃猟が明治維新後に日本にも入って来たのです。
人間が生きる為に鳥獣を獲るのではなく猟犬を使ったスポーツとして発達して来たのが欧米の銃猟です。
日本の仏教では殺生を禁じています。ですから銃猟は仏教の教えに反しています。
その上、近年には動物愛護運動が世界的にさかんになって来ました。
たとえ食べるためでも野生の鳥獣を殺すのは残酷だから止めよという運動です。
その社会風潮のお陰て銃猟を趣味にする人が年々、減少しています。若い人が銃猟をしないので猟師は一層高齢化するばかりです。
従って日本から銃猟が消滅するのはそんなに遠い将来ではないと言われています。
それなのに何故、私は「狩猟の趣味の深さ」という連載記事を続けているのでしょうか?
理由はこの消えゆく狩猟文化を少しでも記録に残したいと思ったからです。
そして銃猟は本当に悪い趣味でしょうか?
鳥獣被害にあって困っている人々を助けているのです。
その上、この趣味は自然界を相手にして人間の勇気や忍耐力をみがくスポーツという側面を持っています。
宗教的に殺生はいけませんが、銃猟は止めるべきでしょうか?そんなに悪い趣味なのでしょうか?
私の心が乱れます。
ご意見を頂けたら嬉しく思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« でいしゅう著、「狩猟の趣味... | トップ | 昭和天皇のお墓に参り、明治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL