後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

「桃太郎さんという住職さんの日記をご紹介いたします。」

2016年12月31日 | 日記・エッセイ・コラム
唐突ですが、私は桃太郎 さんという曹洞宗のあるお寺の住職さんを尊敬しています。趣味人倶楽部の会員です。

素晴らしい住職さんです。日本中の住職さんが桃太郎さんのような方だったら寺院仏教は衰退しません。
そこで今日の彼の日記の一部をご紹介いたします。

挿し絵代わりの写真は今日の午後、八王子市の郊外で通りがかった姿の良いお寺の写真です。桃太郎さんのお寺ではありません。臨済宗の常龍山斟珠寺(シンシュウジ)です。
===================
『破戒坊主』(400)
https://smcb.jp/users/463063

・・・およそ信仰の対象(神や仏など)は カネを欲しがらない。
どこの世界の どんな神様が 指を舐めて カネを数えるか?
カネを欲しがるのは 自らを教祖と 或いは教祖の教えを説明する伝道師と自認する 人間なのだ。

信仰には カネは掛からない。
一銭のカネでも求める宗教があれば 偽教と思って 間違いない。

『布施』だ『喜捨』だ『浄財』だと その辺り 巷の宗教者は奥歯に物の挟まった言い方をするが 信仰には 普通の生活以上のカネは 掛からないのだ。

だが 葬式にはカネが掛かる。
当たり前だ。
(坊さんの)職業だもの。
経済活動だもの。
だから葬式は 宗教ではない。

俺は 生活の多くの時間を 葬式業に使っている。
だからその時の俺は 宗教者ではない。
考えても見よ。
死んだ者に向かって 仏教の教義なる お経を唱えて 何の為になる。
精々
『葬式は死人の為ではない 生き残った者の道を示す為の宗教儀式だ』
などと ねじ曲げて 必死に言い訳をする。

そんな持って回った言い方をするヒマが有るのなら 何故 道を説かぬか。
気が触れた と 阿呆 と言われようが 何故巷に分け入って 読経し続けないのか。

俺とは 一体 何なのか。
何の為にこの世に生まれ 何の為に坊主に成ったのか。
何百何千何万回 自問してきた此の問いを 馬鹿のようにまた 問い直している。

自己矛盾の落としどころが見付からない。
そういう『葬式坊主』が 此処に居る。
何の役にも 立たない。・・・つづく




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間の絆のいろいろ(3)夫... | トップ | 新年のご挨拶です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事