後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

「パリの寸描、その哀歓(10)ボーイスカウトの微笑ましい小話」

2017年01月04日 | 日記・エッセイ・コラム
まえがき、
この欄ではいろいろな方々に原稿をお願いして記事を書いて頂いています。
今回はフランスやドイツに長く住んで子育てを経験したEsu Keiさんに寄稿を頼みました。ご主人の仕事のため1974年から1984年の間滞在しました。日常の生活で感じたことを飾らず素直な、そして読みやすい文章で綴ったものです。

連載の第10回目は、「フランスのボーイスカウトの微笑ましい小話」です。
気楽な話です。お楽しみ頂けたら嬉しく思います。

===「パリの寸描、その哀歓(10)フランスのボーイスカウトの微笑ましい小話」Esu Kei著======
 長男が8歳半を越した頃、私は住んでいたアパルトマンの裏手の教会の庭で、時々ボーイスカウトの集まりがあるのを知って、息子が参加できるものかどうかを尋ねに行った。フランスではスカウト活動はカトリック、プロテスタント、無宗教の3つのグループに分かれていることを知った。カトリックの教会を活動の拠点にしているのだから、当然それはカトリック系のグループだ。「私達は、カトリックの洗礼を受けてはいませんが、このグループに参加できますか?」と聞くと、帰ってきた答えは、「スカウト活動は、土日を挟むことが多いので、教会に行き、ミサにあずかることも多いのですが、息子さんをそういう場に連れて行くことが許されるなら構いません。」答えてくれた20歳を少し過ぎたくらいの若者が子どもをまとめるリーダーだそうだ。20歳を過ぎればヨーロッパの社会では責任ある立派な大人だ。息子の気に入るかどうかは、入ってみなければ分からない。息子の友達の二コラ君が入っているし、二コラ君のお母さんが紹介してくれて、早速入れてもらった。服装は白い襟付きのシャツに濃紺の無地のセーター、濃紺のズボン(冬は長ズボン)、濃紺のベレー帽(てっぺんのチョンチョリンは鋏で切っておく)。寒い時期のコートは自由だ。それぞれ手持ちのものなので、ネックの形や、ズボンのポケットの位置が微妙に違うが、わざわざ制服と言うものを作ったりはしない。その辺はフランス流だ。月に一回の日帰りの活動と、年に一回の泊りがけの自然の中でのキャンプがある。
入って3カ月がたち、12月の下旬が活動日にあたると、当然クリスマスの催しになり、待降節のミサに参加する。家に帰ってきた息子はいつもと違う教会の様子をさぞかし興味津々で眺めてきたことだろう。普段は学校や、小学生向けの余暇活動に出かけても、あまり話してくれない息子が、ちょっとおしゃべりになって話してくれた。「あのね、ジェジュ(イエス様)が生まれた厩が飾ってあったよ。僕達もその場面の寸劇をやったよ。僕は3人の博士の一人だったんだ。二コラはヨゼフの役だったよ。」ということだった。「まあ、素敵」。男の子のグループでマリア様になった子はどんな気分だったのだろうと、ちょっと笑える。
クリスマスのお話は絵本で何回か読み聞かせていたが、息子はどうとらえていたのだろう。
私は小さい頃、叔母の読むイエスの生涯の物語を初めて聞いた時に、イエス様が可哀想で可哀想で泣いてしまったことを思い出していた。
 この日仰天するほど私を驚かせたことは、「今日はぼくもみんなと一緒にパン(ご聖体)をいただいたよ。」という言葉だった。息子は洗礼も受けていないし、カテシスム(公教要理)の教えも受けていない。秘蹟にあずかるということは、それなりの教育を受け、儀式を経て許されることと聞いていた。何かの間違いではないかと、恐る恐る二コラのお母さんに聞いてみると、「特別なお祝いの時なのだから神父様もお許しになったんじゃない?」「なるほど、きっと息子は特別なお恵みをいただいたのだ。私の中で、神様は厳しいより寛大な存在になった。(続く)

今日の挿し絵代わりの写真は印象派の先駆者のヨハン・ヨンキント(1819~1891)の油彩画です。今日の記事の内容とは関係ございません。何故か懐かしいヨーロッパの風景が描かています。
mnnoblog さんのブログ;http://mnnoblog.exblog.jp/15483482/ より転載させて頂きました。
ヨハン・バルトルト・ヨンキント(Johan Barthold Jongkind, 1819年 - 1891年)は、オランダの画家、版画家です。
クロード・モネに影響を及ぼした印象主義の先駆者とみなされています。1862年にはクロード・モネを助け、モネは後にヨンキントを「師匠」と呼んでいたそうです。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)

1番目の写真は「オンフルールの港を出航する帆船」です。19世紀のヨーロッパはまだ帆船が実用されていたのです。出港する帆船を2艘の手漕ぎのボートが引っ張っています。しかし19世紀後半になると内部に蒸気機関やジーゼルエンジンがついて、港の出入りは簡単になりました。

2番目の写真は「パリのセーヌ川とノートルダム寺院」です。この風景は現在でもあまり変わっていないと思います。

3番目は「パリ、ノートルダム通り」です。古いヨーロッパの懐かしい街の風景ですね。

4番目の写真は「水辺の風車」です。オランダの風景のようです。

5番目の写真は「ポーランドのスケーター」です。昔は道路を凍らせてスケートを楽しんだのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真冬の東京でも熱帯植物の繁... | トップ | 老境のはなやぎと寂寥・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事