後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

庄野英二の『星の牧場』に誘われて山林の中に楽しい小屋を作る

2017年04月23日 | 日記・エッセイ・コラム
少しロマンチックな発想かも知れませんが私は43年前に山林を買い小屋を作りました。
その少し前に、私は庄野英二の『星の牧場』という本を読んでいました。この小説の内容はつぎのようなものでした。復員兵イシザワ・モミイチはインドネシアで戦ってきたが、愛馬ツキスミを失い、記憶を失っていたのです。彼が山中の牧場に辿りついて、音楽を演奏するジプシーたちと出会い、そこで心の癒しを得るのです。空には満天の星が輝いていました。・・・そして幻想的な話が続きます。
この牧場の上の満天の星空という光景が心に焼き付いてしまったのです。
それ以来、牧場のそばの雑木林の中に小屋を建てるのが夢になりました。
そんな折、1973年の頃でしたか、新聞に「別荘を建てる山林を格安で売ります」という広告を見ました。
早速、広告主の不動産屋さんへ連絡しました。牧場のそばの山林を買いたいと言ったら、丁度良い山林がありますから現地をご案内しましょうと答えるのです。
現地に小学生だった息子と行ってみるとその山林は牧場から白樺が混じっている雑木林を通リ抜け、その先の崖を下りた谷間のような土地です。
谷間に大きな松の木や雑木が生えた暗い林でした。そしてその松林の西側には花崗岩が白く輝く甲斐駒岳が高々と聳えていたのです。
暗い、じめじめした谷のような場所なので躊躇していたら、不動屋さんが、「この一画を買うと庭の中をヤマメのいる清流のある別荘が建てられますよ」と真剣に薦めます。
「ヤマメの棲む清流」に負けて買う決心をしました。何本も樹を切って貰い、小さな鉄筋コンクリートの小屋を建てました。
さて「星の牧場」ですが、それは小屋の前の崖を登り、白樺の雑木林を通って行くと広い牧草地に出ます。
乳牛を30頭ほど飼っている牧場です。石原さんという一家が牛の世話をしています。
早速、挨拶に伺い、すぐに親しくなりました。気持ちのよい家族でした。祖父、祖母、中年の夫婦に小学生くらいの息子が2人いました。私どもも子供が2人いたので乳牛をよく見に行きました。
山林の小屋に泊まっていると、石原さん一家の祖母が孫の小学生とともに一升瓶に入った牛乳を何度も届けてくれました。
その上、春には筍を掘ってくれるのです。正月には赤飯やなまこ餅もくれるのです。
夏の夜にはその牧草地にあがって天の川を見上げました。周囲が暗いので星々が鮮明に見えるのです。
夏の夜空を見上げていると宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」という幻想的な物語を思い出します。
北西の方角には八ヶ岳が見え、大泉村らしい集落の家々の灯が小さくチラチラ見えます。
それはまさしく庄野英二の『星の牧場』のなかに出て来る光景と同じようだったのです。
そこは星の美しく見える高原なのです。
その牧場の先には『星山荘』という民宿もありました。何度も泊まった民宿です。おばさんが花が好きで何時泊まっても庭に花々が溢れていたものです。
この山林の中の小屋が完成したのは1974年です。それ以来、毎週、毎月のように通いました。
いろいろな楽しい思い出がたくさん出来ました。
完成以来、茫々43年です。
牧場をしていた石原さんも乳牛を飼うのを止め、生活に便利な集落に立派な家を作り悠々と暮らしています。お世話になったので時々寄りお礼をします。
何度も泊まった『星山荘』も廃業しました。お世話になったので寄りましたら、ご主人とおばさんが仕事が辛くなったので民宿は止めましたと笑顔で言っていました。
山林の小屋から下って、一番近くの集落にあった大きな食品店の野本屋さんも高齢になったので店仕舞いをしてしまいました。よく食料品やビールを買ったものです。
そして鹿肉や猪肉も買った沓川肉屋さんも店仕舞いです。
こうして私の山林の小屋のまわりが淋しくなりました。
しかし甲斐駒岳や山林の風景は43年前と同じです。
写真を数枚、示します。

1番目の写真は私の小屋の西に聳える甲斐駒岳です。

2番目の写真は石原さんの牧場の東にある真原の風景です。この写真の東側に『星山荘』がありました。

3番目の写真も真原の風景です。

4番目の写真は私の小屋の庭を流れる小川です。ヤマメが棲んでいましたが最近は見たことがありません。

5番目の写真は山林の中の小さな、小さな小屋です。最近はイノシシや猿や鹿が急に多くなりよく見かけるようになりました。
こんな山林の周囲の人々も年々歳歳、しだいに年老いていきます。
しかし自然の風景だけは変わりません。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「今日の日記、新緑の写真を... | トップ | 山林の中で会った馬場駿と、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL