後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

遥かなる女人禁制の積丹半島、神威岬への道

2016年10月17日 | 日記・エッセイ・コラム
「襟裳の春は何も無い春です~」という森進一さんの歌があります。その何も無い所は北海道には沢山あります。大自然だけが広がっているのです。
今回のミステリーツアーで訪れた積丹半島も文字通り本当に何も無い処です。
碧い日本海に突き出た半島の裾は峩々たる岩になっています。白波が砕け、冷たい秋風が吹き抜けています。
その日は羊蹄山の麓から出発し、岩内町で日本海の岸辺の道路に出ました。隣の泊原子力発電所のある村を過ぎると人家が絶えます。えんえんと50Kmほどの日本海沿いの道路をバスがゆっくり走ります。
この道は遥かな女人禁制の積丹半島、神威岬へと続くのです。見えるのは空高く晴れ上がった喨々たる秋空と日本海の白波だけです。
何もありません。
ミステリーツアーの企画者はこのバスの窓から見える大自然を楽しんで下さいと言っているようです。
そして積丹半島の神威岬への険しい断崖の上の道を自分の足で歩いて下さいと言っているのです。
嗚呼、自然は良いものです。自然は純粋で美しいのです。自然の風景を見ていると自分の邪念が消えて全身が浄化されます。
そんな想いが胸いっぱいに広がります。
高齢になってもまだ生きている喜びが湧いてきます。
美味しい海鮮料理の店も派手な土産物屋もありません。あるのは海と空だけです。
大自然に溶け込んで風景を楽しんで生き返るのです。こんな観光旅行もあるのです。
それでは岩内町から積丹半島にいたる日本海の風景と神威岬の風景の写真をお送り致します。













この7枚の写真の5、6、7番目の写真は健脚の家内が撮った写真です。
脚の弱い私は神威岬の入り口にある一面熊笹に覆われた大きな丘を独りで登っていました。手摺のついた階段が丘の斜面を登っています。
その階段の遥か向こうの丘の上には秋の白い雲が流れていたのです。見上げる私は青春の頃に見上げた同じような丘の光景を突然思い出しました。あれから茫々60年。いろいろなことがありました。
物思いに耽っていると、いつの間にか気楽な家内が走って帰ってきました。そんな観光の旅でした。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)
===参考資料=============
1、羊蹄山;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8A%E8%B9%84%E5%B1%B1
羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。アイヌの人々はマッカリヌプリもしくはマチネシリ(雌山)と呼び、南東にある尻別岳 (1,107m) をピンネシリ(雄山)と呼んだ。
羊蹄山は円錐形の成層火山で、2003年(平成15年)に気象庁により活火山に指定された。山頂には直径700m、深さ200mの火口(父釜)があり、西北西斜面にも側火口(母釜、子釜)を持つ。支笏洞爺国立公園に属し、山頂は倶知安町・喜茂別町・京極町・真狩村・ニセコ町の境をなしている。
約10万年前から5万年前にかけて古羊蹄火山が活動し、現在の羊蹄山の活動は約5-6万年前から始まり火砕流や山体崩壊も起きた。約1万年前以降は側火山の活動が中心となり、約6千年前以降は活動していない。
山腹にはキタキツネ、エゾクロテン、エゾリス、エゾシマリス、エゾモモンガ、エゾユキウサギなどの哺乳類が生息しており、130種類以上の野鳥がいることも確認されている。

2、積丹半島;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%8D%E4%B8%B9%E5%8D%8A%E5%B3%B6
積丹半島(しゃこたんはんとう)は北海道西部、後志総合振興局にある半島である。地名の由来はアイヌ語のシャクコタン(夏の村)である。
山がちな地形のため、交通には恵まれていない。現在では国道229号が半島を海岸沿いに巡っているが、1996年までは神恵内村・積丹町の間で未開通区間があったほどである。狭隘な海岸を縫うように走るため、岩盤をくりぬいたトンネルが無数にある。古平町ではトンネル崩落により路線バスが飲み込まれ、20人の犠牲者を出す惨事となった(豊浜トンネル岩盤崩落事故)。道内の交通において、主要幹線の地位を占める国道5号が、半島腹部である共和町国富~余市町中心部を通るため、国道229号は近隣住民の生活上の支線となっており、交通量が少ない。
日本海に向かって突き出ており、地質学上では那須火山帯に属する後志火山群の延長上に位置する。半島部の全長は約30km、地形は平野部が少なく急峻で、中心では積丹岳や余別岳が脊梁をなし、沿岸は複雑な海岸線が連続する。そのため、風光明媚な景観に富み、海岸線一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。
積丹岬や神威岬など岬が多く、それを取り囲む小湾に幾つもの漁村集落が誕生した。とりわけ、江戸時代から大正末にかけて続いたニシン漁を始め、長らく漁業が周辺町村の経済を支えていたが、近年[いつ?]は沿岸漁業不振により、人口流出による過疎化が著しい。近年[いつ?]は観光業に注力しているが、札幌大都市圏に比較的近いながらも、交通の不便さがネックとなっている。そのため、温泉資源が豊富であるにもかかわらず、雷電温泉、盃温泉郷以外は、さほど開発も進んでいない。

3、積丹半島神威岬灯台;http://www.geocities.jp/gauss0jp/kamuimis.htm
神威岬灯台は、北海道の積丹半島西北端にある神威岬の突端に立つ白と黒に塗られた大型灯台です。周辺は、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されていて、日本海を望む風光明媚の地です。
 この灯台は、1888年(明治21)8月25日に初点灯しましたが、その後1923年(大正12)にフランス製の第1等フレネルレンズに改良され、1960年(昭和35)4月1日に灯塔を改築、LB-90型灯器に変更、機器を自動化されています。また、2003年9月に改修されて、灯塔部が変わりました。
 現在の灯塔高(地上から塔頂まで)は11.8m、標高(平均海面~灯火)は81.65mで、LB-90型灯器を使い、光度は37万カンデラ(実効光度)、光達距離は23海里(約43km) です。

4、泊原子力発電所;http://www.geocities.jp/gauss0jp/kamuimis.htm
泊発電所(とまりはつでんしょ)は、北海道古宇郡泊村にある北海道電力の原子力発電所。
泊発電所は計画を含めて北海道で最初[1]かつ現在に至るまでの唯一の原子力発電所であり、北海道電力の保有する唯一の原子力発電所である。「1~3号機の発電設備容量の合計は207万kWで、北海道の電気の約40%を賄う重要な電源となっている」と泊村のホームページには掲載されている[1]。
1号機:加圧水型軽水炉(PWR)、1989年(平成元年)6月22日[2]
57.9万kW、定期点検中

2号機:加圧水型軽水炉(PWR)、1991年(平成3年)4月12日
57.9万kW、定期点検中

3号機:加圧水型軽水炉(PWR)、2009年(平成21年)12月22日
91.2万kW 定期点検中

5、積丹半島、神威岬の女人禁制;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%A8%81%E5%B2%AC
この付近は古くから海上交通の難所として知られていた。日高地方の首長の娘チャレンカが源義経を慕ってこの岬まで義経一行の後を追ってきたが、既に海の彼方へ去ったことを知って身を投げ、神威岩になったという言い伝えがある。チャレンカの嫉妬心が女を乗せた船を転覆させたことから、岬一帯が女人禁制の地になったとされる。もっとも現実は、和人が岬から奥地へ定住することで、ニシン漁を始めとした権益を損なうことを恐れた松前藩による規制と考えられている[4]。1855年(安政2年)に蝦夷地一帯が幕府直轄下におかれると女人禁制は解かれ、奥地への定住が進んでいった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「狩猟の趣味の深さ」 の連載... | トップ | スコッチウイスキーの好きな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL