浮世風呂

日本の垢を落としたい。浮き世の憂さを晴らしたい。そんな大袈裟なものじゃないけれど・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓国朝鮮人が隠蔽する歴史

2013-01-12 04:44:39 | 資料

前々回記したように、現在の韓国では半ば隠蔽されている
  妓籍(kijyo)
いわゆる妓生の身分があった。

妓生は三階級に分けられており、一牌、ニ牌、三牌という分類になり、一牌は両班の妾など官位を与えられる者もいたようだが、三牌にいたっては単なる売春婦であった。

日本の芸者と妓生を同一視する韓国人も多いようだが、芸者は職業の一種であり、妓生は世襲される身分の一種である事に大きな違いがある。

妓籍の子供は庶属(sojyoku)と呼ばれ、男子は中人に移籍する事もあったが、女子は妓籍から抜ける事はできなかった。庶属(sojyoku)の売買は自由である。
要するに朝鮮は社会制度として世襲制の性奴隷の制度を実施していた。

狭義では李氏朝鮮統治下、清の皇帝からの使者や高官を歓待するために準備された日本で言う花魁から遊女にいたるまでの女性賤民身分であった。

初潮前の少女を妓生とすることも多かったが、日韓併合後に、少女を妓生とすることを禁止した。 大韓帝国の時代までこの風習は続いたが、日韓併合後には日本によって日本の公娼制度に組み入れられた。

妓生の起源は、新羅や高麗にさかのぼる。

明を支援した李氏朝鮮が清に敗北後に結んだ降伏条約により、清の使者を歓待する妓生は処女以外認められず、違反が発見されれば使者は罰則を言い渡す権利を持っていた。使者は妓生を母国に持ち帰ることもできた。

李氏朝鮮では厳格な儒教思想が広まっており、処女ではない女性の結婚は非常に困難であった。幸運にも妾として迎え入れられる場合もあったものの、妓生になった場合、他の身分になることは困難であった。帰宅した場合、家族が一族の名誉のために女性を殺害していた。

徴集とその後の事実上の奴隷化を避けるため、李氏朝鮮では早婚が常民以上の階級では一般化した。未婚の女性の徴集を避けるための賄賂が横行し、白丁の女性を略取し、身分を偽らせて差し出すこともあった。

併合後も早婚の慣習は続き、他の男性との交友に対して慣習法が優先され、姦通罪が適応されたこともあった。

 李氏朝鮮時代はもちろん日本統治時代にも、平壌などでは朝鮮人が管理していた「妓生養成所」が置かれていた。

「慰安婦」は新聞などでも朝鮮人によって募集されたが、ほとんどが「妓生」から慰安婦となったのである。つまり、職業として「妓生」から「慰安婦」に移行し、売春を生業としていた。

あの売国奴の岡崎トミ子が日本大使館に拳をふりあげて応援した日本大使館前で毎週水曜日にデモをやっている、自称元従軍慰安婦たちという婆さんたちは単なる元売春婦たちである。

従軍慰安婦というのはいない。いたのは慰安婦という売春婦だけである。

この慰安婦も当時は日本人が多かった。むしろ日本の田舎の方が貧しかったのである。

人権派というひとたちは、朝鮮人慰安婦の事を問題にするが、どうして日本人慰安婦の人権については声をあげないのだろうか。

ましてや、大東亜戦争終了後は長い間、国策として売春をしてきた国でもある。

1886年に奴婢身分世襲が禁止されたが、社会制度及び経済制度としての妓籍制度の根は深く、実質的には日本統治時代も残っており、民間産業に変貌した妓籍(kijyo)が軍需産業としての慰安婦産業に多くが進出したのが、朝鮮系慰安婦の実像である。

妓生の多くは妓生庁という役所で、共同管理されていた。
彼女達を官妓と呼び李氏朝鮮政府が法律に拠って性奴隷を管理・派遣していた。

朝鮮系慰安婦の起源が、奴婢随母法という朝鮮の公的身分制度に由来するのは歴史の皮肉であろか・・・。日本の同和などと同じく、現代に至っても根強く残るものである。

自国の重大な身分制度をひたすら隠蔽し、あたかも平和な朝鮮人の暮らしを破壊されたという洗脳を解くのはまず無理だろう。なぜなら当の朝鮮人が絶対に認めてはならない恥部であるからだ。

両班と白丁・・・
支配者と被支配者今風に言うなら1%と99%・・・李氏朝鮮時代、国民のほとんどは賤民であった。
戸籍も、名前も、財産も、教育も無い、ただ生きているだけの存在である。
農作業に精を出して作物を沢山作っても役人に奪われるだけ。

もろもろの労働は家畜の仕事・・・従って、白丁は人間ではなく家畜である。いまでも両班の血筋だと名乗るのは、未だにその出自が根強く残る証であろう。

戸籍も、名前も、財産も、教育も、未来も何もかも奪われた極悪の環境で、近親相姦が当たり前のように行われていたというのは容易に想像できる。

韓国政府が韓国人のルーツをひた隠ししているというのは知っていたが、ゲノムの配列も、そのあまりのひどさから発表しない・・・。

火病とは染色体異常が原因の疾病なのだろう。

今でも、韓国では性犯罪の発生数が非常に多く老人が幼女を強姦する。父親が娘を強姦する。李氏朝鮮時代では平気で行われていたことである。

レイプや近親相姦へGO!との情報がDNAにしっかりと刻み込まれているみたいである。

韓国の性犯罪・・・
2006年頃から爆発的に増えているようで歯止めがかからない・・・。

世界中にはびこる韓国人売春婦・・・ゴキブリさながらの増加率だそうである。
退治するより増える数の方が多い!
これも、遺伝子上の性に関連する情報の記述がおかしいのが原因だろうか?

韓国の新聞の日本語版にも頻繁にこの性犯罪や売春摘発が掲載されるのだから、現地ではもっと多いのかも知れない。

「私は、日本軍に強制連行された従軍慰安婦だった」と平気で名乗り出る。
強制連行はする必要も無かったのだが、平気で嘘をつく。
平気な顔で慰安婦だったと言う。
慰安婦少女の像を設置する。
日本人の感覚では絶対考えられないことである。

韓国朝鮮人も中国人も自分たちの歴史や、生活や、思考回路や、行動パターンで日本人を分析する。

李氏朝鮮時代、両班に娘が奪われたから多分、日本軍も韓国人を強制徴用し慰安婦にした。
自分たちが平気でレイプとかするから多分日本軍も同じ事をする。
従軍慰安婦の根拠というのはその程度のものである。

南京大虐殺もそうだ。
中国では軍隊は平気で住民から略奪し、強姦し、なぶり殺しにし、最後は住民を食料にしていた。
だから、日本軍もそうに違いない・・・。
南京では過去何度も虐殺が起こっている。みな、中国人がやっていた。
中国人がすることは日本人もするだろう。
そういった発想である。

重慶での日本軍による虐殺とされる写真を見た。
みんな下半身裸である。強姦され殺されている。
でも、おかしい・・・。
確かに、日本軍は、中国を荒らし回る軍閥である蒋介石軍が重慶に逃げ、重慶でも略奪、破壊、殺人、強姦など悪の限りを尽くしていたので、やむなく世界初の渡洋爆撃で重慶の蒋介石軍に対し爆撃を加えたが、陸上部隊は重慶へは行っていない。

重慶での蒋介石軍の蛮行が目を覆わんばかりの状態であった。
その悪行を止めるため、爆撃機を飛ばしたということである。
陸上での軍の移動ではとうてい間に合わないので、現地住民を助けるための苦渋の判断だったのだ。

ちょっと話がそれたが、
韓国人は、韓国人の思考回路で日本人を分析しているということだ。
しかも,幼い頃から反日思想をたたき込まれている。


しかし考えてみれば、もし韓国が反日教育をしなかったら
国民同士がお互い反目し合い、憎しみ合って地域コミュニティが瓦解し、国内大混乱におちいる。
もっと殺人・暴行・強姦・略奪が横行し国が壊れてしまうのでは???

 ◆嘗糞

嘗糞(しょうふん 상분)とは朝鮮古来の民俗医術の一つ。

人の糞を舐めてその味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断する。

過去には、6年以上父母の糞を嘗めつづけ、病気を治した孝行息子の話などの記録があり、指を切って血を飲ませる行為と共に親に対する最高の孝行の一つとされた。

中国の南北朝時代や唐代の説話として現れる。『二十四孝』や『日記説話』によれば南斉時代に、庚黔婁と言う役人が父親が病気になったので帰郷すると医者に、糞を嘗めて見ないと状態が解らないと言われ、その味が甘かったので憂いたと言う「嘗糞憂心」の故事が残っている。ただし、これらの伝説と朝鮮における嘗糞との関連性はよく分かっていない。

後に娯楽化し、人の糞を舐めてその味で誰の糞であるか当てる遊びが流行した。

◆トンケ(犬食文化)

韓国では庭先などで人糞を食べさせて育てた犬肉を最高級とする風習があり、贈答用にまで使われた。これを「トンケ」という。トンは糞、ケは犬の意味である。子どもなどが庭先で糞をすると綺麗に尻の穴まで舐めてくれたという。

(犬を人糞で育てる習俗はモンゴルにもあるが、ここでは逆にゲルの成員の糞を与えて育てた犬を、ゲル周辺を警備し、よそ者の侵入を防ぐ忠犬として養育するという異質な要素を持つ。)

◆路上での脱糞

李朝末期の朝鮮を訪れた英国人の旅行記には、大便で遊ぶ庶民の姿が記録されている。

日本統治時代、朝鮮総督府は路上での脱糞を禁止する命令を何度も出したが効果は無かった。

◆奴婢『ソウル城下に漢江は流れる?朝鮮風俗史夜話』(林鍾国、平凡社1987年)

Mehi『Does E flow under the Seoul castle?Korean customs history night tales』(Rin Syou koku , 1987 Heibonsha)

その中の「人間家畜の奴婢制度」という章の一節。

A passage in chapter "Man domestic animal's Mehi system" in that A

 奴婢は品物のように売買・略奪・相続・譲与・担保の対象になった。

 Mehi became the object of the buying and selling, plunder, succession, the transfer, and the mortgage like goods.

 かれらはただ主人のために存在する主人の財産であるため、主人が殴っても 犯しても売り飛ばしても、果ては首を打ち落としても何ら問題はなかった。

 There was no problem though the head was finally stricken even if the master hit or it violated or it sold it away because they were the properties of the master who nothing but existed for the master and it dropped.

 それこそ赤子の手を捻るように、いとも簡単に主人は碑女たちを性の道具 にしたものであった。

The master often made Hionna the tool of the character in the very easiness as baby's hand was twisted only in it.

奥方たちの嫉妬を買った碑女は打ち据えられたり、 ひどい場合は打ち殺されることもあった。

Hionna that bought the ladies' envy was occasionally struck to death when it was beaten or it was awful.

 外観だけは人間であるが主人の事実上の家畜と変わらなかった碑女たちは、 売却・私刑はもちろんのこと、打ち殺されても殺人にならなかったといい、 韓末、水溝や川にはしばしば流れ落ちないまま、ものに引っかかっている 年頃の娘たちの遺棄死体があったといわれる。

 The change, and it is good, and it said by Hionna that there were abandoned bodies of daughters of the pubescence caught to the one often flowing to South Korea Se, the water ditch, and the river and without falling with master's virtual domestic animal not to mention the clearance and the capital punishment if not having become a homicide though it is struck to death though only externals are men.

局部に石や棒切れをさしこ まれているのは、いうまでもなく主人の玩具になった末に奥方に殺された 不幸な運命の主人公であった。

 It was a hero of the unhappy destining killed by the lady at the end that became master's toy needless to say that the stone and the club were inserted in the part.

 ◆試し腹

 試し腹(ためしばら)とは朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。

儒教の国でありながら、処女を尊ぶということと非常に矛盾した風習といえる。清国には処女を差しだし自国では子を産む道具としての女性というわけである。

 「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、「道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。

 故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』 ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる」。これを「試し腹」と言いう。産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われている。

 自分の娘を自分や血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した悪しき習慣だ。日帝が禁止した朝鮮時代の悪しき風習である。

韓国人の遺伝子の特徴について
米人類学者Cavalii-Sforzaの遺伝子勾配データによれば、 朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きな Genetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表す。
(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution.
1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)

韓国では、昔から若くて綺麗な娘達は中国に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。
遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が大多数見つかっている。

umiushiakaiドイツで人類のゲノム解析やってる大学教授の話
朝鮮民族は近親相姦の物と思われるゲノム上の痕跡(修正不能)が多すぎて、他の民族では考えられない異常な近親相姦を、民族として延々繰り返してたと思われるあまりにショッキングで常軌を逸した内容なので、そのゲノムの発表はとても出来ない。
また、朝鮮人男性の40%に発症すると言われる統合失調症(火病)も、それが原因である可能性が大きい。異常な民族と言わざるを得ない。


「スカートの風」 著、呉 善花

信じられないような「数字」が韓国にはたくさんある。

たとえば、女性就業人口の70%強を水商売が占めていること。女性の労働力の水商売への一点集中という現象が韓国が女性になにを期待しまたなにを期待していないかを物語っている。

まあ、りっぱな売春立国というより売春大国なわけだ。

売春に限って言えば他の国に頼らなくとも自国で十分まかなえる。

◆整形率世界一。

知らずに結婚して子供が見事な韓国フェイスで泣く旦那が後を絶たない。確認しない方が悪いらしい。

女性はほぼ全員が整形

ISAPS(国際美容外科学会)の調査によると、整形率は日本の20倍以上になるらしい 。

◆儒教の国であるが、実際には同棲をするのが多く日本よりも風紀は乱れている。

韓国の宗教で普通に行われてる「血分け」。だから犯罪も多い。

◆韓国人に年を尋ねてはいけない。

ちなみに、韓国人は生まれた時に1歳と数え、その後新年を迎えると1歳年を取るので、普通の年齢と比べて1~2歳違う。

◆CIAのサイトにはクジラ(日中露)に挟まれたシュリンプ(小エビ)と書かれていた。

◆徴兵制。20歳から2年間軍隊に行かないといけない義務。

義務で入隊する兵と自ら志願して入隊する兵の間のモチベーションの差が大きい。徴兵制による軍の弱体化が懸念される。

◆国民の大半が避妊具を使わないので中絶や性病感染が現代においても異常に高い。いくら性病予防で包茎手術をしても意味がない。

しかし、韓国の出生率は1.08%で、先進国(OECD)最低(2005年)。

養子輸出大国。内訳も孤児や障害児、未婚の母の産んだ子供が大半を占める。孤児問題については『誰とでも寝る女が悪い』という認識が一般的である。

◆ 誇らしい5000年の文化を誇る韓国というが、韓国には100年以上続く老舗というものが無い。

 さまざまな文化が栄え、そして庶民がそれを求める文明国ならば、それらは当然商品として市中に流通するはずである。百歩譲って戦後日本の統治から開放されて65年以上になるが、65年以上続く韓服、菓子、工芸品、お茶、楽器といった品々の老舗を見つけられない。

 そしてさらに、老舗こそが文化の バロメーターである理由は、需要と供給の関係で説明できる。文化的な各種の品物、又はサービスに対する「需要」があれば、そこには「供給」が必ず発生する。これには共産国家以外例外はない。

真の歴史とはさまざまな「足跡」を残すもので、日本でも米国の爆撃で東京や老舗の存在する多くが焦土と化したが、ちゃんと沢山の資料が残っている。いくら「日帝のせい」だと言っても、伝統韓文化の店、工場をすべて破壊したうえで職人及び家族を皆殺しにして、その目撃者の口も塞いだ上、さらに市中に散逸している文献や資料まで全て探し出して焼き尽くし、影も形も残さないように根絶することは絶対に不可能だ。文化とはそういうものである。

それなら朝鮮戦争の所為だと言うのは、自分たち民族の問題であり、自分たちで殺し合い、破壊したということである。それでも文化として現在復興していて当たり前ではないか。伝統とはそういうものである。

紹介される伝統・文化というものが、非常に安っぽい模型や安っぽい絵だけというのは何故か、彼ら自身が考える必要がある。

◆2006年8月に、台湾の少年野球チームが韓国に招待(なぜか参加旅費宿泊費は自費)され、大会に参加した。

子供達は頑張って

初 戦   20-0    台湾チ-ムが済州島西連合チームに勝利

2回戦    7-6    台湾チ-ムは2軍で対戦し勝利

3回戦   12-1    台湾チームはソウル蚕室チームに勝利でベスト8

大会主催側は面子を失い、チームが難関を突破しながらベスト8に進出して次の試合の準備をしていると、思いがけず試合直前に試合禁止を告げてきた。

『優勝旗は(韓)国内のためにあるもので、ベスト4を対戦チームに譲って試合を続けるな』と連絡してきた。

主催者側は国外のチームを決勝戦に参加させない理由として大会で監督同士の衝突が起きると言い、台湾チームの抗議は無効だと言った。どうも勝負への執着心とフェアプレー精神とを混同しているようだ。

選手たちは、何のための招待なのかと、落胆しながら試合を取りやめた。選手たちはこの韓国遠征に20日間の日程を計画して一人当たり3万元を出費していた。選手たちの親も金銭で苦労したにもかかわらず、こんな理不尽な対応をされたのである。

応援の親たちも、子供の夢を壊し、韓国人は何にでも勝ち負けにこだわりすぎ、国際的なつき合いや常識に欠けると落胆しながら帰国した。

スポーツですらこの有様で、すべてにおいて同様の事例に事欠かない。国民性というにはあまりにも民度が低すぎるのではないだろうか。

このニュースは、台湾では大々的に取り上げられたが、当の韓国では殆どニュースに成らなかった。

◆武士、侍

 韓国映画「ムサ」 韓国映画「サウラビ」

 武士も侍も百済起源らしい。確かそれ以前から日本には武士が居たのだが。さらに映画「サウラビ」は、割腹自殺の慣習も半島起源という説まで唱えた。しかし、当時の百済は日本の属領だったことも彼らは知らない。
日本文化を野蛮だと言いながら、日本文化は全て韓国起源だと称している優越感に積み上げられた韓国人の心理はかなり複雑だ。彼らの創作した映画は、いつしかノンフィクションとなり伝記映画と変わるので始末に負えない。これが韓国の国定教科書に載った日には・・・。

折り紙

地道な努力で「折り紙」の歴史を捏造する韓国の奥様方たち

 最近は日本にすむ韓国人女性のグループが、やはり同じように無償で折り紙を教える活動をしている。
それ自体はいいのだが、彼女たちは『折り紙はもともと韓国(朝鮮国)で作り出されたもので、侵略時代に日本人が自分達の文化のように世界に広めた』という風に、子供達に教えている。

日本の折り紙は、平安時代から親しまれており、世界最古の折り紙遊戯本「秘傳千羽鶴折形」は江戸時代の1797年に出版されている。

http://www.origami-noa.com/knowledge/abc_q3.htm

「日帝が抹消した!」は証拠がないときの魔法の合言葉である。

 最近の海外のスーパーマーケットには、日本のものと韓国製品が並べられている。食品コーナーの沢庵までも韓国産だったりする。海苔、インスタントラーメン、マヨネーズ、わさび、スナック菓子等々、日本の輸入品かと思えるようなものばかりで、現地の人には区別がつかないだろう。そこまで、韓国の人たちは日本の食料品が好きだとは知らなかった。

◆「偶然くじら」という商品

韓国は反捕鯨国である。
韓国人たちはそう言い張っている。
にもかかわらず,なぜか韓国でも鯨肉は食べることができる。
その鯨肉は「偶然くじら」という名前で売られている。
韓国では捕鯨は禁止されているので,「偶然」網にかかった鯨を食べているらしいのだ。

しかし,そんなに「偶然」網にかかるものだろうか?
欧米人たちが「頭がよい高等動物」と評価する鯨さんである。
実際に普通の定置網にかかって引き上げられるような低能鯨は,そうはいない。
普通の捕鯨国では槍や銛などを撃って捕獲しなければならないのだ。

クジラの商業捕獲は国際協約によって法的に禁じられているが、調査の結果、故意に捕獲したのではないと判明される場合、販売することができる。その韓国の鯨の調査は、韓国が調査し、韓国で普通に販売されている。

 “海の宝”とも呼ばれるミンククジラを20日間という短い期間に3匹も手に入れた漁師が、周囲の羨望の的になっている。(朝鮮日報)記事URLはなぜか抹消されている。

◆親日法


・日帝が作った義務教育以上の教育機関(中学、高校、大学など)で学んだ朝鮮人

・日本に留学したことがある朝鮮人

・日帝時代に公務員だった朝鮮人

・日本兵に志願した朝鮮人

・満蒙開拓団に加わり、日本の満州政策に加担した朝鮮人

・日帝の作った医療機関で治療を受けたことがある朝鮮人

・日帝の作った図書館を利用したことがある朝鮮人

・日本企業で管理職だった朝鮮人

・日本旅行で貴重な外貨を朝鮮から日本に流出させたことがある朝鮮人

・上記の朝鮮人の配偶者と子孫全て

本当に親日法違反として子々孫々まで対象となるのなら、殆どすべての韓国民が対象になる。厳しく処罰をして欲しい。反日をいくら並べても、事実は変わらない。
というか、こんな法律自体が異常である。国民をすべてうそつきにしてしまう。

朴新大統領からして、日本の士官学校を出た父親を持つのである。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本が伝えた言葉・文化 | トップ | 安倍晋三 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。