晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

春近い北信州、季節のはざまで

2017年03月15日 | 写真&旅

2日目の北信州ミニ旅はマイカーからバスに乗り換えて志賀高原へ。スタッドレスでも凍結路が心配なので長電バス「パーク&ライド」を利用、朝一番早いスノーモンキーパーク発07:20に乗車。湯田中駅始発だが月曜のせいか10名ほどで問題なく席に。蓮池までは夏タイヤでも問題無さそうだった車道がその先は一変、圧雪路がところどころ凍結で急坂。バスは一段と慎重に木戸池に到着。除雪で高く積み上げられた雪の隙間から見る池面は雪原、暖かいので霧氷も見られない。周囲の白樺林などを撮ってからバスで蓮池に。乗り換えの待ち時間だけ少し歩き、再度バスで駐車場に戻る。車で平地に下りてくるとリンゴ畑の雪解けが進み、遠くの山なみも霞んで見える。前日と同様、旅人の立場で見るこの時季の北信州は中途半端かもしれない。真冬銀世界の1・2月か、木々が芽吹き花が咲き始める、もう少し先が良さそう。次の冬は相当先だが、春はそんなに遠くはない。

      

雪壁の後ろ側に木戸池 

白樺の先、笠岳 

蓮池スキー場 

蓮池も雪  

北信五岳(左から飯縄・戸隠・黒姫・妙高・斑尾山)  

北志賀の高社山 

              

 

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春近い北信州、飯山線そして... | トップ | お待たせ、ジャガイモの植えつけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真&旅」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。