晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

富士山を2度楽しんだ百蔵山と新道峠(2)

2017年04月21日 | 

百蔵山を下山後、午後からの曇り予報に急ぎ次の新道峠へ。再び中央高速に乗って河口湖IC、桜満開の湖畔を横目に見ながら走る。御坂山地を貫く立派な若彦トンネルを抜けて細い道に入り、すずらん群生地を通って水ヶ沢林道分岐に。予定どおりの冬期間通行止めのゲート前に駐車して歩き出す。この日の二つ目の目的は最近、夜明けの撮影スポットで人気の新道峠の下見。そして、このゲートから先が道幅狭く、すれ違い困難という状況の偵察である。実際歩いて40分、車で10分ほどと思う林道、実際に夜間で車が行き交うか分からないが待避線までの後退はきつそうだ。新道峠の2か所の展望台からの光景、河口湖を従えた富士山は曇りながらも素晴らしい。場合によっては行こうと思っていたこの先の黒岳まで往復2時間強、今日は止めよう。さて夜の新道峠はいつ来ようか。むしろ通行止め期間に歩いたほうがカメラの三脚の並ばない分良いかも。だが通行止め解除は来週、悩ましいところだ。4月20日(木)/(河口湖ICから35分の水ヶ沢林道・通行止めゲート前に駐車)12:40~13:10林道終点13:15~13:20新道峠1576m~第二展望台~13:30第一展望台14:00~(新道峠)~14:15林道終点~14:45ゲート前

冬季通行止め 

狭い林道 

 

残雪はわずか 

新道峠 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山を2度楽しんだ百蔵山... | トップ | 今年の桜の記憶とともに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。