晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

暑さを吹き飛ばせ、鴻巣夏祭り

2017年07月14日 | ひな人形と花のまち

梅雨明けしたような暑さが続く毎日、それを吹き飛ばすかのように掛け声が響く。先週から市内各所で夏祭りが繰り広げられている。先日の日曜、わずかの時間を利用して一番賑やかな中山道のみこし渡御を見に行ってきた。宣伝文句には”鴻巣の神輿は関東随一、百余年の歴史と伝統を誇る!”とある。随一はともかく、沿道中心部の町内会それぞれが引き継いできた12基の神輿。それらが連なって練り歩く光景は一見の価値がある。2車線の道幅一杯に躍る神輿、担ぎ手の威勢の良い掛け声、ほとばしる汗、笛・太鼓の音。見物客も巻き込んで、通り全体が興奮に包まれる。早々と到来した夏を乗り切る元気を少しはもらったような気がした。

     

 

 

     

『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑さを超える45作品、鴻巣市... | トップ | 梅雨明けしていないなら、雨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。