晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

戦後72年目の夏に

2017年07月18日 | 雑記

写真サークルの作品展が終わったばかりの昨日、朝日新聞“オピニオン「声」”欄に長洋弘氏の投稿が掲載されていた。毎月の例会で写真指導いただいている講師の先生だが長い間、インドネシア残留元日本兵の<生きた証し>を追い続けてきた人だ。日本人学校教師として赴任した現地でその存在にふれて以来、元兵士からの聞き取りと撮影を通して多くの記録を集めてきた。以前読んだ著作『帰らなかった日本兵』『写真集 インドネシア残留元日本兵』では、それぞれが辿った過酷な運命を余すことなく伝えている。戦争で生き延びたはずなのに、異国で骨を埋めざるを得なかった半生も。3年前に最後の生き証人が亡くなった。そうした本や写真展を通して、長先生が語り続けたいという<戦争とは何か>が、多くの人に届いてほしいものだ。

           

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨明けしていないなら、雨... | トップ | パソコン、ついに壊れてしまった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。