晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

鴻巣・吹上のコスモスは見ごろ

2016年10月19日 | ひな人形と花のまち

地元・吹上の荒川河川敷のコスモス畑。台風の影響で一部、露地のところもあるが何とか例年に近い花畑になった。黄色は7割ほどの咲き具合なものの濃淡のピンクはほぼ満開、一部枯れ始めた花もあるので全体としては今が見ごろ。待ち焦がれた秋の青空に、その名のとおり”秋桜”が映える。日本一長いという水管橋の赤いアーチも色を添えて絵になる風景だ。朝、堤防上の遊歩道をウォーキングしている人たち。その中から手を振ってくるのは知り合いのようだ。近くに住んでおり、ラジオ体操の後に歩くコースと聞いていた。眼下の花々を愛でながら、遠く富士山を遠望する気持ち良さが伝わってくる。今週の土・日のコスモスフェスティバル、そこで特別に行われる”水管橋を渡る”イベントに申し込んだ。さあ、どんな景色が見えるだろうか。

ここはもう少し 

朝露が光る 

あの先頭の人は 

今日は良く見える 

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の志賀高原、青い空は望め... | トップ | 黄金色の光と風の中で、浅間山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。