晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

秋の志賀高原、青い空は望めるか(1)

2016年10月13日 | 写真&旅

写真サークルの撮影会で秋の志賀高原へ。2日間コースの初日、朝6:30出発したバスは高速道路の事故や渋滞も無く予定時刻少し前に最初の撮影ポイント、一沼に。途中車窓の曇り空は信州中野ICを降りたころから薄日も射し始めたのだが、一帯は流れ込むガスで真っ白。その切れ間も紅葉はほぼ終えているが、周辺の遊歩道や隣りの琵琶池の秋色を探して歩く。続いての蓮池で昼食タイム、見ごろと言われるが曇天と湖面の蓮で映り込みも良くない。バスはさらに高い標高を進み、国道最高地点2172mの渋峠展望台に。眼下の芳ケ平そして、のぞきに戻っての眺望を寒さに震えながら撮る。予定した横手山へのリフトは止めて、早めに宿泊の木戸池へ。丁度の時季の池や田ノ原湿原など周辺を夕刻まで。冷えた身体を木戸池温泉ホテルのお風呂で温め、2日目に備える。朝の天気予報では、明日は晴れから後に雨だったが、どうだろうか。夜空に星は見えないが、好天と朝霧の出現を期待して9時前にフトンに入った。

蓮池 

 

芳ケ平 

のぞき 

木戸池 

田ノ原湿原 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こうのす、秋の花火大会は不... | トップ | 秋の志賀高原、青い空は望め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。