晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

梅雨明けしていないなら、雨降ってよ

2017年07月16日 | 市民農園

2日間行けなかった市民農園、野菜たちが賑やかに迎えてくれた。あのネバネバした食感からは想像がつかない気品ある花のオクラ、実も少しづつ取れはじめてきた。そして玉ネギ収穫後の畑に蒔いたサニーレタス、大きくなって窮屈そうなので初収穫する。寒冷紗で覆っているので虫はいないようだ。夏の食卓に欠かせないキュウリの第2陣も元気に実を付けている。このタネ「多収穫キュウリ」は直播きだが名前のとおり、多く取れる。続いての第3陣も水不足の中、今のところ順調に育っている。今年初めて作る中国野菜のクウシンサイも。去年、隣の畑の人にいただき、ごま油で炒めて美味しかった。葉物野菜が不足する夏場に重宝する野菜だ。インゲンとともに収穫はもう少し先に。それにしても雨が相変わらず降らない。梅雨明けであればまだ納得するが、今日も収穫後にたっぷりの水やりを。すぐ伸びてしまう草取りも行ない、朝6時過ぎからの約2時間の畑作業は終了。すでに汗びっしょり、今日も暑くなりそうだ。

レタス 

第2陣のキュウリ 

第3陣 

クウシンサイ 

インゲン 

今日はシシトウ・ピーマンが主役 

 

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑さを吹き飛ばせ、鴻巣夏祭り | トップ | 戦後72年目の夏に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市民農園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。