晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

夏野菜づくりも第3コーナーに

2017年08月08日 | 市民農園

曇りや雨、夏らしからぬ天候がしばらく続き、畑の野菜たちが喜んでいる。今年初めて育てた中国野菜のクウシンサイ(空芯菜)は名前のとおり、茎が空洞になる葉物野菜。小松菜のように虫に食われず、収穫しても新芽が次々と伸びてくるので夏場に重宝する。オクラは油断していると大きく育ちすぎて、来年の種として枯れるのを待つ。蔓なしインゲンは花が咲いたので、後はいつ実が付くか。ナスは葉がダメになってきたので、そろそろお疲れ様だ。時期をずらして栽培したキュウリ、第2弾の終わりが近く、最後の第3弾の収穫期に。来年はもう少し分けて育てよう。夏野菜もいよいよ今月いっぱい、大根・白菜など秋の季節が間もなくやって来る。

   

 

 お疲れ様

第2弾 

もう少し、頑張れ 

 

 

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緑の杜で、風鈴の音色とともに | トップ | 京都支局長、新潟・中越へ行く »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空心菜の料理 (yusan)
2017-08-09 17:39:05
空心菜は、私の大好物。京都では筒菜の名前で時折りデパ地下で見かけます。
食べ方は、まずフライパンにサラダ油を引き、ニンニクみじん切りを香りが立つまで炒めます。
その後、4センチ前後に切った空心菜を強火で炒めます。
しんなりしてきたら、中華スープの素を水で溶いたものをかけ、更に炒めます。
塩、コショウで味を整え出来上がりです。
空心菜から水がでるので、じゃぶじゃぶになりますが、ニンニク、空心菜、塩コショウのハーモニーがビールのつまみに最高です。
レシピありがとうございます (晴耕雨読、山)
2017-08-09 22:01:15
クウシンサイのレシピありがとうございます。
家ではもっと簡単にゴマ油で炒めて食べていますが、教えていただいた内容は美味しそうです。今度、試してみます。
料理の腕前を相当上げられたようで、京野菜を市場で買い込んでいる姿を想像しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。