晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

富士山を2度楽しんだ百蔵山と新道峠(1)

2017年04月21日 | 

苦手の早起きもなんとか布団から抜け出して5時半に出発、最近混雑の圏央道もスムーズに通れて7時過ぎに登山口到着。傾斜地に建つ集落の舗装路をしばらく歩き、新芽が気持ち良い杉林の登山道に。陽の入らないジグザグ道の間隔が狭くなると富士山の見える展望台、そして分岐の尾根道に上がる。ミツバツツジや山桜の歓迎を受けながらひと登りで山頂へ。桜は三分咲きくらいで少し残念も目の前に主役の秀麗富士が青空に見事。たぶん一番乗りの誰もいない空間でしばし満足感を味わう。熊鈴の音とともに2番手が現れたところで腰を上げ、浄水場経由の東ルートで下る。ガイドブックには急坂で下山路にお勧めできないとあったとおり、設置のロープのお世話になって20分ほど急下降。その後は徐々に緩やかになり車道から集落、登りの道と合流して駐車場に戻った。4月20日(木)/(中央道・大月ICから10分の大月市営総合グラウンド駐車場に停めさせてもらう)07:25~08:20展望台~08:40表登山道分岐08:45~09:00百蔵山1003m  09:40~百蔵浄水場10:35~10:50駐車場

輝く新緑 

ミツバツツジ 

桜も控えめ 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チューリップ見納めの頃に | トップ | 富士山を2度楽しんだ百蔵山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。