日々改善

今日の問題を明日に残さない!問題解決を図って行く様をリアルに描写していきます。経営コンサルの視点で物事を見ていきます。

家事を楽しく演じる

2017-08-09 | つれづれ
良くお手伝いをする家庭の子供と
全くお手伝いをしない家庭の子供の違いがあります。

前者は、子供が「お手伝いさせてさせて!」と積極的なのに対して
後者は、「え~、なんで俺(私)なの?他の奴にさせれば良いじゃん!」なんて言葉が飛んでくるか
お手伝いして欲しいという訴えを無視してしまうかです。

なぜこのようになるのか?
実は、「お手伝いの位置づけが違う」のです。

前者の家庭では、「家事(お手伝い)は楽しいもの」と位置付いているのに
後者は、「家事(お手伝い)は懲罰的、辛いもの」と位置付けているのです。

そうです。
親がルンルン気分で楽しそうにしていれば
子供は嫌でも楽しい家事に手を出してきますし
親がしかめっ面ばかりしていつも大声あげて「手伝いしろ!!」なんて言っていたら
絶対に近寄ってなど来ないのです。

家庭内に於いても同じ
職場においても同じ
親や先輩が気の利く優しい子や後輩を作って行くのですね。
心掛けたいと思います。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高速バスで忘れ物をしました | トップ | 新規事業の第一歩 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。