今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

湖西の寺社巡り

2016年09月19日 | 

学生時代の友人たちと毎年この時期に旅に出る。
一昨年は出雲、昨年は熊野と充実した旅だったが、今年は一泊しか同行できず、場所も近場の滋賀県の湖西(名古屋から日帰り圏)。
しかもこの連休はほとんど雨天。

宿泊地は雄琴温泉というそれなりに有名な温泉。
有名だが、泉質はアルカリ単純泉なので、少なくとも効能で名を馳せているわけではないようだ。
浴槽での電気電導率(温泉の濃さの指標)は396μSで単純泉としては高くはないが、低くもない。

夕食は豪勢に近江牛の小ステーキにしゃぶしゃぶ(普段の自分の旅とは別水準)。

翌日は、天気が悪いので予定していた比叡山(山麓なのに雨雲でその姿が見えず)をやめて、近くの平地をまわることにする(レンタカーで)。
まず明智光秀の墓がある西教寺に行く。 
この寺は猿が守り神になっているのだが、近ごろは野生の猿の害で困っている様子(墓石を倒したり)。
猿は近くの日吉大社が神の使いとしているので、どちらともその影響だろう。
ただし、この寺は光秀だけでなく、秀吉も使っていた。
秀吉といえば、「猿」と言われていたが、これは単なるあだ名ではなく、尾張の日吉神社の霊験で生れた日吉丸(後の藤吉郎秀吉)は猿神の化身だと親が信じていたのだ(彼の容貌がその信念を強化させたともいえる)。

その日吉大社にも行く。
申年生まれの私にとって、今年この神社に詣でられたのはうれしい。
記念に神猿(マサル)の小さな木彫りを買う。
iPadに入れてある”ばけたん”で霊気を探知すると、西本宮で「守り神の出現に期待していい」と出た。
だが、東本宮では「あまりよくない」と出た。
格は東のほうがやや上のようだが、確かに、西の方が森が近いせいか気持ちがよかった。

次に、比叡山の代わりに山麓の三井寺に行った。
境内のあちこちの堂の本尊や貴重な建築などをじっくり見学。
観音堂では如意輪観音の小さい掛軸を買った(安価な割りに御姿が美しい)。
私はなにしろ、如意輪観音が好きなので…

ちなみに、以上の三ヶ所はともに映画「天地明察」のロケ地になっている。

滋賀では以前に湖東三山と甲賀・信楽には行ったが、琵琶湖周辺は今回が始めて。
滋賀は京都・奈良に次ぐ文化財(特に観音仏)の宝庫で、戦国の史跡も多い。

いつか琵琶湖一周(外周)と湖の船旅(内周)をしたい。  

ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康診断前夜 | トップ | 美食週間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。