今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

ハロウィンは日本に定着するか

2016年10月29日 | 歳時

というタイトルが無意味なほど、巷ではハロウィンとやらが喧しい。

日本の伝統を守る側にいる身として、この騒ぎには違和感以上のものを覚えるのも否定できない。

が、クリスマスは幼少時から楽しみ、バレンタインとホワイトデーも受け入れ、ボジョレー・ヌーボー解禁を待っているというわが身を鑑みると、
我が国の文化に無関係な風習を安直に受け入れる事に、実は抵抗してこなかった事実もまた否定できない。

そもそも、私が伝統として守ろうとしている「五節句」自体、実のところ古代中国の年中行事の安直な受け入れの産物であり、しかも三月三日は本来の上巳の節句とは無関係の雛祭りになり、五月五日は端午の節句に無関係の鯉のぼりが上っている(本来の節句の内容を知りたいなら『荊楚歳時記』をご覧じあれ)。
いわば、これらの節句は、女の子の節句、男の子の節句と主題が変質したことによって、かえって我が国で盛大化し、今でも重要な行事になっている。
逆に、古代の形式が残ったままの人日の節句(七草粥)、重陽の節句(菊祭り)の方が壊滅状態だ(七夕の節句はぎり踏ん張っている)。

ということは、自分たちに受け入れやすいように変質させれば、意地を張らずに楽しんでもいいのではないか(バレンタインも日本的に変質しているし)。

ハロウィンはもとは子どもが主役の祭りだが、 日本では大人も仮装を楽しんでいる。

仮装は、すべての人が潜在的に持っている願望だ。
すなわち、ハロウィン=仮装祭りと変質させれば、爆発的に支持される潜在力がある。

ハロウィンの日は、日本中誰もが仮装する日にしたらどうだろう(ただし職業的制服従事者とその仮装を除く)。
ハロウィン的仮装でなくても、自前で調達できるファッションを表現してもいい。
たとえばワードローブに眠っているバブルの頃のDCブランドのダブルのスーツを取り出してもいいかな(サイズが合えば…)。
もっとも、私には烏帽子に直垂という武家ファッションもある。 

どうせなら、こういうハレの日として楽しみたい。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1泊の茶臼山高原:亀甲石・... | トップ | 懊悩呻吟の期間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。