今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

新年度の授業開始時の気分は

2017年04月05日 | お仕事

本日から、新年度の授業が始まった。
今年は、ものすごく久々に早々の1限目から授業を担当する。
早起きに慣れなくては。

いざ、授業を始めると、始業前までの憂鬱感など吹っ飛んで、いつもの気持ちの張りが戻っている。
仕事ってそういうもんで、ある種の戦闘モード(交感神経興奮)になれるため。
この交感神経興奮状態にもっていけない人が、本当の鬱になるんだな。 

私はもともと気分障害タイプでないので(どちらかというとシゾイド)、鬱気(うつっけ)は状況次第で簡単に吹っ飛ぶ。

これからしばらくは、自分の研究を忘れて、教育業務に専心しなければならない。
それはいわばルーティン・ワークなので、論文を書く時の懊悩呻吟の苦しみから逃れられる期間でもある。

もちろん業務は業務で時間と作業に追われてストレスとなるが、定型処理的に突破できるので、月に一度温泉に行けばすっきりする。

自分の真の仕事である研究論文の生みの苦しみは、業務から解放される”夏休み”にお預け。
つまり、それぞれ別の時期に取り組むので、ストレス過剰にならないで済むのだ。 

ということはストレスから完全に解放されるのは、年度末の春休みだけなのだが、
だから春休みの終わりは、(会社員にとっての”日曜夕方”と同じで)憂鬱になってしまう。

気分転換は必要だが、完全に別世界に行ってしまうと、実世界に戻るだけでもつらくなってしまう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 権現山・刈安城趾 | トップ | 大学生の遠足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。