今日こんなことが

山根一郎の極私的近況・雑感です。どんなヤツか知りたい人はまずブックマーク「山根一郎の世界」へどうぞ

湯島聖堂孔子祭に行く

2017年04月23日 | 東京

わが小笠原流などの武家礼法の大本は儒教の「礼」である。
その本場の礼がいかなるものか知りたい(『儀礼』に詳細な記述はあるが実物を見たい)。

日本の儒教の本山ともいえる湯島聖堂では毎年4月の第四日曜に孔子を祀る釈奠(セキテン)、今風に言い換えて「孔子祭」が開催され、参加自由というので行ってみた。

聖堂の本殿ともいえる大成殿には木造の孔子像が本尊として祀られている(写真右。まだ扉が閉じている)。
開始の午前10時直前に行ったが別段混雑はしておらず、一般見物人は、来賓や斯文会員の椅子席の後ろで立ち見。
式の最中も写真撮影はOK(左の人が進行役)。

まず神主が3名入ってきて、堂内の四方で幣(ヌサ)を振って修祓をする。
彼らは神田明神の神官だという。
これ以降、彼らが儀式を執り行う。
すでに着席していた神官衣裳の3名の楽師が雅楽を奏でる。
すなわち、儀式は神道式になっている。
孔子像に供物を供える奠饌の儀こそ、爵という古代中国の青銅器を用いているが、
お辞儀は和風。

この釈奠は、林羅山が最初に実施して、明治維新で途絶えたというが、もしかしたら最初からそのやり方までは日本に伝わらなかったのかもしれない(日本の儒学は文献研究だから)。 

次の献茶は、煎茶の家元によるもので煎茶用の小さい天目茶碗が供された。
古代の団茶ならぬ、そして抹茶よりも新しい煎茶というのも不思議。
煎茶は江戸時代に広まったので同時期に始まった釈奠に適合しているといえるか(抹茶だと日本では仏教儀式になる)。

次に祭主や来賓が拝をする。
拝台(写真中央やや右)には鼎(カナエ)型の香炉とその右横に抹香が置いてあり、祭主(聖堂を管理する斯文会理事)は仏式のように焼香する。
仏式と異なるのは、合掌せずにお辞儀をした点。
ところが、来賓の台湾の経済文化代表所代表は、焼香をせず、三回拝をし、合掌して、再び三拝。
三拝は儒教的だが、こちらは合掌が仏式だ(非仏式なら拱手)。

う〜ん、どちらも純粋な儒教作法とはいいがたい。
以前、正月にここの孔子像を参拝した際、やり方に戸惑ったのが、
今回の儀式によれば和式のお辞儀に仏式合掌でかまわないようだ。

神官たちが退席した後、「講経」として日大の元教授が、論語の一節について、あちこちから語意を引用しての解説。
仏式の法話に相当する部分だが、論語の中身なので人生訓として価値がある。
それを聞いて改めて思うのだが、釈迦よりもさらに古い時代の人の言行録が現代にも通用するのだから、やはり孔子はすごい。

その後は、二松学舎大付属高校生たちによる「孔子頌徳の歌」(昭和2年作)。
 仏式の和讚、キリスト教なら賛美歌に相当。
入り口で受け取った式次第の紙に五線譜付きの歌詞が載っているのでそれを見ながら私も歌う。

以上でおしまい。
しめて一時間。

昼食時になったので、聖橋(ヒジリバシ)を渡ってお茶の水側の中華レストランに行く。
釈奠の祝宴のつもりで、青島(チンタオ)ビールを頼み、ザーサイに五目焼そばを注文。
さっそく撮影した釈奠風景をカメラの液晶で確認していたら、水を運んできた中国人の若いウエイトレスがその画像(上の写真)に目を留めて、それは何かと聞いてきた。
上の写真にただならぬものを感じたのはさすが儒教の母国の出身者(日本人だったら、質問まではしなかったろう)。

自分の勤める店のすぐ近くで、日本で唯一の孔子様の祭りが行われたことに彼女は驚き、その行事をどうやって知ったのかさらに聞いてきた。
湯島聖堂のサイトでは通知しているのだが、確かに一般には知られていないよな。
儀式に関して言えば、かように儒教は消滅に瀕してわけだが、
われわれの心の中には依然しっかり根を張っているのも確かだ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレカが不正使用された | トップ |  GW突入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。