私はメンタルチャットの管理人

メンタルチャットでおこるさまざまな非日常

なんでもある

2017-06-28 18:28:45 | メンタルヘルス
地方の人が 東京はなんでもある。遊ぶところもお店も・・って言うけどねぇ。仕事で仕方なく東京出てきてもう長いけど もう20年ぐらい銀座に行った事が無い。昔東中野の社員10人くらいのビルの一室にあったソフト会社から 銀座の中堅の会社に派遣で行ってた ほんの数ヶ月いただけだが。当時籍のあった会社は先日調べたら130人の大所帯になってて どこかと合併したらしい。社長は宮里さんていって 奥さんが経理やってたが・・成功したんだなーと懐かしく思う。多摩に住んでると 新宿まで往復すると1000円超えるので まあ行かないんである。なんでもあるんだろう。美味しいお店も個性的なカフェもねぇ。でも高い交通費かけて行くほどではないし 地元にそれなりに美味しい店はある。これってどこの地方でも同じだと思うが。お店はいっぱいあってなんでも買えるんだろうが これとて最近amazonで用が足りる。昔は誰が触ったかわからん古本なんか気持ち悪くて買いたくもなかったが(不潔恐怖です はい)。そもそもあの古書店の日に焼けた本が嫌だったというのもある。amazonで買えば良いレベルでも はるかに綺麗なのが来るし おまけに古書店よりすさまじく安い。神田の古書店街ってまあ そりゃすごいが 1000円以上かけて行って 足を棒にして探し回って amazonより程度が悪くておまけに高かったらもう意味が無い。今の部屋の周辺の本屋が3軒潰れたけど もう雑誌はfujisan.comで買うし 普通の本は図書館とamazon 日本の古本屋のネットで十分。近隣の図書館も制覇してるしなぁ。服はヤフオクの古着でもう一生分あるし ファストファッションだろうがあたしからすれば高い。まあ服って自分の生き方だから スーツは着ないし デニムとコットンがメインなんで そんなに流行に左右されない。で 東京にいる意味って何があるのか?って話だ。東京で仕事してたから 当然意味があった。で 仕事があるから東京に安い部屋買ったが・・子供もいないし 別に東京に地べたが欲しかったわけじゃないから 山梨の山奥に土地買った。もうそれで十分満足である。で 仕事をロストした今 東京にいる意味が無いのだが・・で 結論はまた京都かい?と言われそうだが。実は 地方って好きなんである。特に生まれ育った三重県津の伯母の家 もう都市計画で更地になっちゃったが あの家があればあそこに帰りたい。あー嫁はんの江戸橋の家だっていい。どっちも昔の家で 買い物は決して便利ではない。歩けば30分はかかるだろうよ。でも好きな家ではある。あたしは 親父が自衛隊だったから官舎を転々としてたから記憶にあるのは西大寺と浜松の官舎くらいだが・・まあ そこは退官してるからもう戻れない。退官後に住んでた吉祥寺の部屋もあの当時だから良かったが今の吉祥寺はどうでもいい。唯一戻ってもいいなと思うのは 国分寺市光町にあった米軍ハウスだが あそこももう取り壊されて新築が建ってた。なんで京都が出てくるか?といえば 京町屋が残ってるし 10代で住んでた部屋が未だにあるからだが。弟が住んでた長野の伊那のアパートや大町の官舎なんかも好きだ。あー山梨の山奥の歩けば最寄商店まで急坂を30分て場所だが そこも好き。結局 東京にいながら東京らしいところが嫌い・・ってw もうネットがあれば全国どこでも便利なんである。 まあ今の部屋は 駅まで5分 目の前にコンビニ 徒歩3分以内に2軒のスーパー まあ歳とったら便利だろうなと思う。あー東京にいて良かったなと思うのは 楽しい仕事に いい友人といいオーディオショップといい車屋に出会えたことだな。何より一番大きいのは 東京で倒れたから生き延びたってことだ。少なくとも最短時間で最高の医療が受けられた。今の部屋も京都と少なからず縁がある。夏に京都に1週間ほどいて返ってきたら オープンルームの看板が立ってたんだ。同じマンションの上層階だっから冷やかしに行ったら 内装全部やってあって 更に200万値引きすると言う。先に見に来てた人が値切ってたが それを見ながら5分で購入を決めた部屋だw 無謀だが縁があったんだと思う。前の部屋はどうしたかって? 友人が住んでる。家賃・・て もらってないんだよねぇ なんかプールして株買ったりしてるらしいがw TDL?興味ないから千葉くんだりまで行かないよw
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲しい | トップ | なんか »

コメントを投稿

メンタルヘルス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。