私はメンタルチャットの管理人

メンタルチャットでおこるさまざまな非日常

若者が住みたい街

2016-12-10 02:43:03 | メンタルヘルス
長いこと吉祥寺が一番だったが 最近は下北沢が一位らしいけど。長く東京にいるが下北沢は 病院帰りに小田急で拉致されて駅まで行ったくらいで街は知らない。まあ井の頭線で通過したことはあるんだが。なんで なんで下北沢?なのかはわかんない。まあ小劇場でメジャーなのと安い飲み屋が多いからてところか。長年一位だった吉祥寺は住んでたし 仕事の帰りに毎日寄ってたJazz喫茶があったのでよく知ってる。なんで吉祥寺だけだが。一番の理由って多分気安さだと思う。南側は井の頭公園で まあそれ以外は高めの綺麗な住宅街だ。あたしは井の頭公園のへりに住んでたんで思うんだが 花見の時期を除けば閑静な住宅街である。東京って 所々に大きな公園があるんだが 多摩の方だと井の頭公園とか小金井公園。駅から近いって意味で言えば井の頭公園=吉祥寺ってなる。駅の南側は狭い道路に雑多なお店が並び バスが窮屈そうに駅に行くわけで。JR吉祥寺駅からは京王井の頭線で下北沢や渋谷まで一本 新宿までは中央線で30分かからない。まあ足は便利だよね。北口は昔ながらの密集した横丁に サンロードとダイヤ街て2本のちょいと広めのアーケードがメイン。 まあ東急とか西武スポーツとか近鉄とかあったが 東急しか残ってない・・はずだ。もう住んでたのが随分前だし 行きつけのJazz喫茶が閉めちゃったので ぱたりと行かなくなった。なんでネタは古いぞ。でだ なんで若者に人気・・ていうかと言うと 先にも書いた足の良さと 山の手線の内側ほど殺伐としてなくて 比較的家賃が安い。何より気安いのである。サンダルで普段着でふらっと飲みに出れる街というか。近くにICUとか成蹊とか国分寺には東京経済とか国立には一ツ橋とか まあ学生が出やすいといのもあって 若い人が多い。変に東京だぞ・・って威張ったところが無いし 安い飲み屋があって こじゃれた喫茶店はあるが 気取ったカフェは無い。暴利をむさぼるレストランとか無いし どこでも気楽に飲める。まあ普段着でうろうろできるのが一番大きいだろうな。渋谷とか新宿とか六本木なんか 汚いジーンズでサンダルでは出歩けない。吉祥寺は逆にそれがデフォだしねぇ。あたしは東京は大嫌いだが 吉祥寺はまあギリで住めるか?つーか住んでたが それぐらい嫌らしさの無い街だったりするわけだ。東京って なんだ地方の人があこがれて出てくるけど 何にあこがれるか?って ブランド まあ街も店もだし人もそうだが みんな格好つけてるのがいい・・と思ってるぽい。関西人から見たら何を無理してそんなにええ格好しぃするんか?アホちゃう?とか思うわけで 関西人がここならなんとか・・て言うのは 大体見栄をはらない気楽な街だったりする。簡単に言えば東京らしくなく 適度に田舎で適度に都会で文化の香りがする街ってとこか・・あー吉祥寺の飲み屋街って 元近鉄の裏にかたまってて 街中にそういう怪しい店が無いつーのもでかい。なんとなく健全というか清潔な感じがする。新宿なんか街中歓楽街なんで どこに行っても胡散臭いw まあそこから生まれる文化もあるんだが そりゃたかだか400年の蝦夷の文化・・てまた関西人の悪い癖だが 事実だからしょうがないだろ・・とwそのうち 東京の人に刺されて 異国で死す・・てなるんだろうな・・と思う。あー京都本なんかを検索すると 関東人と関西人とか 関東の味と関西の味とか こりゃなんだ?と思うのは 京都、大阪、神戸の比較本とか・・あーなんもわかってないな・・と思う。関西から関東を見ると まあ蝦夷だししゃーないか・・と思うんだが 関東は文化が無いから関西に引け目があるらしく なにかというと関西をけなすんだが・・なんだかなー・・ってまた刺されそうだw 関西は 関西圏は文化の住み分けがあるから お互いにけなさないんだが どうも関東は区別つーか差別したがるわけだが。横浜の林市長が競技団体が希望して無い・・と横浜アリーナを貸さないのは東京に対する嫌がらせか?と思う。実際横浜の人は 開国したのは横浜で東京は格下・・て思ってるらしいが 関西から見れば目くそ鼻くそなんだが・・あー一族皆殺しされそうw 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰だ? | トップ | TOEIC? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。