私はメンタルチャットの管理人

メンタルチャットでおこるさまざまな非日常

梅雨のはずだが

2017-06-09 13:44:43 | メンタルヘルス
中途半端な薄曇である。相変わらず ベランダも玄関も開けっ放しなので ベランダ側から風が通って気持ちがいい。本来ならソファに寝転がって本でも・・といきたいが あいにくうちにはそんな優雅というか邪魔なものは無いので ベッドび寝転がって 読みかけの本を2冊・・と またか?と言われるだろうが 京都のツボ 柏井壽著 と 英国のOFF 上手な人生の休み方 入江敦彦著を読み終えた。まあ どっちも買おうか?と思いながら古書が高いのでペンディング 図書館の蔵書検索したらあったので借りたわけだが。結局どっちもいらないな・・と思ったので2度読みである。 まあ京都のツボは1200円だが何を今更?って内容なんでどうでもいいかと。 英国のOFFはあたしの好きな 入江敦彦氏 まあ30代で渡英して今はロンドン住まいの京都人だが 写真がとにかく綺麗なのである。と言っても 前編英国の田舎だの公園の写真だが 人によっては だから何なの?何も無いじゃん?とか言われそうだが。まあ 実際何も無いのだよ。でも何も無いからいい・・と思う。日本の原風景て 緑 青 茶 白 この4色くらいで構成されてるわけで そこに原色が混ざると もう不快でたまらないのである。今 ベランダ側から外を見てるんだが 高層の建物が無いので空が広い。空の青 雲の白 そして やたらと緑が多いので 林の緑 まあ茶・・ってよりマンションや団地があるから微妙なグレーだがw でも遠くに赤白の送電線の鉄塔が見えるくらいで 色的には合格である。で 思うんだが 繁華街に行くと 店の看板が結構原色で まあ赤なんて自然界には存在することは少ないし サイズや書体がバラバラなんでウザいのである。まして動く電飾なんかあるとすさまじく安っぽくて心がイガイガするのである。 まあ京都でも河原町なんかは 多少その傾向はあるが 京都市が景観条例で縛ってるので いくらか不快度は低い。ちょいと中心を外れると 先に上げた四色だし 高い建物が無いから空が広い。郊外や寺や神社の寺領だと緑が多くて気持ちいいわけである。で 比べて東京は まあ原色でチカチカするのだが それが好きな人はそれでいいだろうが あたしはダメなんである。先の英国ののOFFの写真(これは綺麗なんでこれだけでも欲しくなるのだが)を見てると 人がいない。なんで素直に開放感がある。日本でひなびた・・って形容する場合は ほぼ田舎で人がいないわけである。なんかその空間を自分が独占できる喜びみたいなのがあるわけで 誰もいないのが好ましい。もう随分前だが 東北の太平洋側をバイクで下ってきたことがある。街もほとんど無いから 当然店も無い。あのいまいましいコンビニなんか一軒もないのだ。公園があっても誰もいない。夏の7月なのに誰もいないんである。まあ気持ちいいんだよね。空が広くて。そういうのが好きなので 山梨の山奥の土地を見た時には あーここに住みたい・・と思った。先日なんかの記事 新聞だったかな 別荘買うより安い・・ってエアストリームのキャンピングトレーラーを買った人の記事が出てたが うーむ・・とか思う。 トレーラーが一千万だから まあ高級別荘よりはやすいけどねぇ。田舎の方の山林なんか坪3千円くらいで買えるから 200坪買っても60万だ。まあ小屋なんて 自分で建てれば200万もあればトレーラーくらいのものは建つ。どこにでも行けるというが 20フィート以上あるトレーラー引いてどうするって思う。少なくとも高速や一級国道ならいいだろうが 町中では身動きが取れない。以前 シボレーアストロの豪華コンバージョンを8ナンバーのキャンパーにして乗ってたけど 全幅2.3m 全高も同じくらい まあ本皮張りでブラインドもギャレーもあったが 夏場なんか暑くて寝てられん。駐車場にも困るし。まあ それで懲りた・・っても15年くらい乗ってたけど。今度は軽の商用バンでいいや・・って思うくらいなのに エアストリーム・・ってねぇ。まあ それがいいと思う人にはいいんだろうが あたしはごめんこうむりたい。雨風しのげるスペースがあって 寝られたら普段は外でいいじゃん?何の為の旅だよ?って思う。豪華であればあるほど本質が見えなくなる。旅は貧乏旅行が一番だと思うし 車は壊れなきゃボロほどいい・・と思うのはあたしだけか?w
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつも | トップ | しばらく前まで »

コメントを投稿

メンタルヘルス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。