山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

ミヤマスミレ三昧 こんなに咲くものなのか?!  平成29年5月15日

2017年05月15日 | 花・花・花
 この日の午後からは内科の受診予約あり、午後3時ごろの予約だったのだが・・・茅ヶ岳のオキナグサ保護作戦がうまくいっているようで、一株も食われずに花が咲き出したとの連絡を受けた。明日は空き時間なく明後日から学会で広島(たぶん真直ぐは行きませんが・・・)に出張である。来週は当直が入っていておそらく疲れ切っているだろう。ならば本日!ということで予約を無理矢理昼休みの時間に割り込ませてもらって、診察終了後に茅ヶ岳の登山口に向かう。1時半ごろに到着したのは良かったが、見上げる空は真っ黒な雲がかかっている。今にも茅ヶ岳山頂に巻き付きそうである。服を登山用に着替えながら、天気予報と雲画像を見て20分ほど考えたが、どうみても上は雨が降りそうだ。下手をすると雷雲につかまってしまう。中止して高度を下げて沢沿いのニリンソウと、先日の沢で見つけたハナネコノメがそちらの沢にもあるかも知れないので探しに行ってみようと移動する。現地に到着すると、今度は小雨が降ってきてしまった。ここもダメそうだ。もはやこれはドライブしか無いだろう。林道を進んで行くといつもは閉鎖されている林道のゲートが開いている。確か崩落していたか何かで出口側は開いているのを見たことが無かったが、通行止めとは書かれていない。行けるところまで・・・と入ってみると以外にも全面舗装で終点の向こう側の林道まで抜け出ることが出来た。ではもう少し先まで・・・行って散策路が付いている森の中に入ってみた。


    サクラスミレが咲いていた。大きくて紫色鮮やかなこのスミレ、王様の風格である。


    ちょうど見頃だった。しかし、この笹薮の中で生きて行けるのだろうか?


    エイザンスミレの咲き残り。


    こちらはニョイスミレ。


    ニョイスミレ

 さらに森の奥に入ってみると、驚きの光景が広がっていた。


    タチツボスミレの群落。これくらいは普通にある。


    目を疑ったのがこちらのスミレ群落。こんなに咲くものなのか?何かの間違いでは??とすら思った。


    ミヤマスミレの大群落。パラパラと咲いている光景しか見たことが無かったので、この群落には驚いた。


    ミヤマスミレ。紫色が鮮やかな可愛らしいスミレ。


    ヒメイチゲが現われた。


    結構な数がある。と思ったが・・・。


    何じゃこりゃ~?! 何かの間違いでは?? 驚きの大群落があった。

 散策路を周回して反対側の森に入ってみると、そちら側にもミヤマスミレの群落があった。


    同じような紫のスミレだが、こちらは小ぶりのアカネスミレ。


    反対側の森の中にもミヤマスミレの群落があった。

 驚きのミヤマスミレと驚きのヒメイチゲ群落に出会うことが出来た。サクラスミレを見られただけでもラッキーと思ったのだが、この2種類の大群落に圧倒されて印象が薄れてしまった。鹿の食害で荒れた林床ばかり見てきただけに、山の奥深くでこのようなしっとりとした森と花たちが咲き続けていてくれることに深い感銘を覚えた。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳連盟自然保護グループの... | トップ | 谷間にひっそりと咲く黄色い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つつじ (かさいひでし)
2017-05-16 17:30:50
こんにちは。14日の三時過ぎ、上九一色の林の中で、見つけておいたツツジを撮りに行きました。まだ真っ暗です。そのツツジは車道から100mほど登ったところにあります。お蔭様で富士山はうっすらですが見えています。ならばと意を決し、茂みに分け入りましたが、前夜の雨で木々が濡れている為に、びしょぬれで着きました。三脚を立て終わった頃です。山の中は怖いですね。いろんな物音が聞こえます。勿論、人がいるような場所ではないので、と思っても何か足音なのかというような感じの音も聞こえてきます。懐中電気で周囲を見ますがボサで見渡せません。夜明けの明かりになるまでと思っていたのですが、こわさでいられません。そうこうしているうちに、富士山がガスに巻かれてしまったので、急いで車に戻ってしまいました。そのてん、先生は夜行など当たり前のように感じがしますが、恐怖心はないのでしょうか。小度胸な私は、車の脇でしか撮れません。怖さは幾つになってもおなじですね。
かさいさんへ (ヨッシー)
2017-05-18 22:57:41
 私にとっては風にざわめく木々の音も獣の足音も自然の懐に飛び込んだことを実感することが出来る心地良い音色に聞こえます。山中にテントを張って一夜を過ごすことは良くありますが、あまり怖いと思ったことは無いです。雷は別ですが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。