山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

山岳連盟自然保護グループの有志植物観察会  平成29年5月14日

2017年05月15日 | 番外編
 山梨県山岳連盟の自然保護グループ有志メンバーによる山梨県東部の山の植物観察会が開催された。開催が告知された当初は参加メンバーが3人しか集まらず、静かな山行になるかと思いきや、開催2日前から参加者が集まり始め、総勢10人となった。天気予報では晴れるはずだったのだが、高度を上げると小雨となり、カッパを着ての山歩きになってしまう。


    沢沿いで咲いていたシコクスミレ。途中から小雨となりカッパを着る。


    ヒナスミレはもう終わり。雨にうなだれている。


    ツルネコノメもほとんど終わっていたが、咲き残っているものも一部あった。


    ワチガイソウとイワボタン


    ミツバコンロンソウ


    雨に濡れるミツバコンロンソウ


    ヒメイチゲも雨でうなだれている。


    居ました。ミヤマスミレ。


    思ったよりもたくさん咲いていた。


    山中の林床に咲いていたヒナスミレ。ほとんどが終わっていた。


    ザレ地に咲いていたアカネスミレももう終わりかけている。


    どっさり咲いていたフモトスミレ。


    色の濃いフモトスミレ


    山頂で記念撮影。

 本降りにこそならなかったものの、1日中天候に恵まれず湿度に弱い一眼レフカメラはレンズが結露して撮影もままならなかった。三脚を出す機会もほとんど無く、使ったのは山頂での記念撮影くらいだった。


    奇妙な葉っぱの群落に遭遇。沢沿いでしか見たことが無いが、山の上でも咲くのか?


    花を見ないとわからないが、これはアズマイチゲの葉だろう。花が咲いた様子は無い。


    バイオリン型のアザミの葉。これはタカオか、コウシュウか?花が咲かないとわからないヒゴタイの仲間。


    満開かと思いきや、以外にも散り始めていた秩父のシロカネソウ。


    皆さん速過ぎ。帰り道は毎度のことながら私が最後尾でした。

 植物観察会とは名ばかりで稀少な花の情報を拡散しているだけではないのか?とご批判される方も多くいらっしゃるかと思う。案内役を買って出た私自身もこのような会の全てが良いと思っているわけでは無い。しかし山梨県の自然保護グループは観察だけでなく保護の面においても熱心な方が多い。昨年何度も通った南アルプス前衛の山に咲く貴重な花は同じような観察会を開催したことにより、山岳連盟からの自治体や山梨県への強い働きかけがあって、その年の秋にはもう保護柵で囲うこととなった。そのほかにもカモメランの咲く御坂山塊の山も保護柵で囲われることがほぼ決まっている。信頼できるメンバーであり案内することにより必ず保護に繋がって行くと信じているからこその植物観察会である。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シハイスミレを探しに、そし... | トップ | ミヤマスミレ三昧 こんなに... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご苦労様です (るたん)
2017-05-17 18:23:11
実態調査と保護、そんな積み重ねなのでしょうかね?微力ですが、何かあればお声掛けください。遠征収穫あるといいですね。
るたんさんへ (ヨッシー)
2017-05-18 23:01:23
 山岳連盟のレインジャー活動は、今はまだ稀少植物の調査が主な目的ですが、いずれは保護活動のほうに舵を取る時が来ると思っています。私(たち)がやっている活動はその走りのようなものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。