山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

剣ヶ峰ダイヤモンド再び 竜ヶ岳  平成28年12月31日

2016年12月31日 | 番外編
 昨日の剣ヶ峰ダイヤモンド富士は狙った座標点通りのところから撮影したにもかかわらず左に寄り過ぎたようで、割れるダイヤにはなったものの割れ方が小さく全く満足できるものでは無かった。2日連続の早朝3時半起床は疲れるが、これでは気が済まず竜ヶ岳に連登する。

 途中の精進湖から見上げる富士山は暗闇の中ではっきりとは見えないが、雲が巻いているように見える。しかし星が綺麗に見えているのできっと富士山は見えるはず。5時10分から山頂目指して歩き始め、休まずに東屋まで行く。そこには、雲海の上に顔を出している富士山が待っていた。


    雲海の上の富士山


    さらに上に登ると霧氷になっていた。


    雲海と樹氷の富士山、思いもよらぬ素晴らしい景色が待ち受けていた。


    霧氷の向こうの御坂山塊に朝日が射し出した。

 霧氷と雲海、さらにここでダイヤモンド富士になるならば・・・霧氷の木を前景に真ん中あたりから出るダイヤでも良いのではないかと、山頂手前での撮影も頭をよぎったが・・・やはり剣ヶ峰ダイヤの軌道を確定して決着をつけたいので、予定通り山頂を越えて向こう側の撮影ポイントに行く。しかし、前日の反省を踏まえて割り出した本日の撮影ポイントは笹が深くて富士山の眺望が得られない。止む無く笹をかき分けて中に侵入してみたが、この日は霧氷と霜が著しく、胸から下は真っ白になってしまった。とてもではないが撮影など出来ず、あきらめて前日と同じポイントに三脚を構える。


    おそらく左に寄り過ぎだろうと思っていたが、予想通り左から光が現われた。


    しかし、ここまで左に寄るとは思っていなかった。


    一応割れるには割れたが・・・


    これでは到底満足できない。


    近日再訪を誓う。


    本日の座標点から再計算した太陽軌道。ここまで左では無いので、カシミール3Dの軌道はやや左寄りに出るらしい。

 この日は霧氷の景色が素晴らしく、ダイヤが終わったからといってすぐに下山する気には到底なれなかった。山頂裏側はほとんど人が来ずほぼ独占状態となった。三脚とカメラを担いでうろうろする。


    霧氷の向こうに南アルプスがずらりと並ぶ。絶景!


    霧氷と白根三山


    霧氷と荒川・赤石岳


    竜ヶ岳の霧氷。何度も登っている竜ヶ岳だが、こんな綺麗な霧氷は珍しい。


    山頂の霧氷


    霧氷と富士山


    同上。あっという間に霧氷は風に飛ばされて消えて行く。

 東屋の展望地までは三脚を担いだまま、この霧氷の景色を存分に楽しみながらゆっくりと下りた。東屋で三脚をたたみ、ザックを担いでから富士山を見上げてみると、山頂に奇妙な薄い雲が広がり始めていた。これはひょっとして・・・彩雲になるのではないか?しかし太陽の角度が悪く、出来るだけ北側(下山方向)に回り込んだほうが良さそうだ。雲の様子を見ながら下山して行くと、うっすらではあるが雲が虹色に輝いているのが見える。


    富士山頂に現れた奇妙な雲、辺縁が虹色に輝いている。


    富士山頂に現れた彩雲


    形を変えながら小さくなり、休憩ベンチに着いた頃にはもう雲は消えてしまった。

 剣ヶ峰で割れるダイヤモンド富士の撮影は満足できるものではなかったが、雲海あり樹氷あり、さらには彩雲まで見ることが出来た盛りだくさんの竜ヶ岳だった。今年最後の山行は十分に満足することが出来た。

 年が明けてからも、竜ヶ岳のダイヤモンド富士攻略はまだまだ続ける予定である。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山頂に沈む本田・ムルコ... | トップ | 月が輝く新春の夕暮れ 高指... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
4つくらいに・・・ (るたん)
2017-01-01 20:54:14
ヨッシー隊長様、4つぐらいに割れそうな感じですね。
そうなると、孫とかでなく、同等くらいの兄弟風なんですね。
翌日は霧氷もでるくらい冷え込んだのですね。
こころして・・・次回頑張ります。
あけまして (saiya24)
2017-01-02 14:48:08
あけましておめでとうございます。
割るダイヤ私もいつか狙ってみましですが
望遠がそこまでないので、なかなか、、
今年もよろしくお願いいたします。
ごちそうさま (食うかい)
2017-01-02 19:10:48
今日は、お会いできてうれしかったです。

彼と二人きりのところですが
お邪魔じゃなかったでしょうか??

それにしても
写真や㊙データ
たくさん拝見してしまいました。
ごちそうさまでした。

典型的な昼間に動く爬虫類みたいなものですから
夜間、寒い時に行動する隊長が信じられません。

寒さは、うちに秘めた情熱で
夜道は、明るく豪快なお人柄で
あたたかく照らされることがわかりました。

また、ご一緒できること楽しみにしています。

おしるこもごちそうさまでした。

クセになるといけないので
今度は払いますから♪
るたんさんへ (ヨッシー)
2017-01-03 17:30:52
 ぴったり軌道が合えば、7つ以上に割れると予想していますが・・・全くうまく行かず、悔しいです。
saiya24さんへ (ヨッシー)
2017-01-03 17:34:43
 あけましておめでとうございます。

 朝霧高原から竜ヶ岳あたりで普通に割れるダイヤを撮るならば200㎜で十分ですが、ティアラ狙いとなると最低600㎜は必要ですね。私はエクステンション2倍を装着して600㎜で撮影を試みていますが、解像度が落ちてしまう印象を持っています。
食うかいさんへ (ヨッシー)
2017-01-03 17:38:51
 お久しぶりにお会いできて楽しかったです。

 秘蔵の㊙データですが、実は大部分ブログで公開していて㊙では無くなってしまっていますが、あのデータの積み重ねがあってこそ、割れるダイヤモンド富士の攻略が出来るわけで、私にとっては宝物です。

 2月、あちらの山で星見隊(月見隊?)合流しましょう。天気が晴れると良いですね。

コメントを投稿

番外編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。