山梨百名山から見る風景

四方を山に囲まれた山梨県。私が愛して止まない山梨の名峰から見る山と花と星の奏でる風景を紹介するページです。

紅色に染まるパール富士 矢倉岳  平成28年2月12日

2017年02月13日 | 圏外編
 この日の矢倉岳パール富士は計算上は日の出から5~10分後に月が富士山に沈んで行く絶好の時間帯で、天候が良ければ紅富士が期待できる。仲間を誘って出かけることとなった。

 前日の夕方はパール富士の撮影に失敗して少しばかり気分がへこんだが、夜8時ごろにはすっかり雲が晴れて月光に照らされた富士山が浮かび上がっていた。足柄サービスエリアで車中泊するつもりで立ち寄り、夕食を済ませコンビニに立ち寄って明日の食料を買い込む。ふと見ればその横に銭湯があった。中に入ってみるとさらに驚いたことに宿泊施設(ホテル)が併設されていた。フロントで料金を聞くと、5時間までだと3,000円、1泊だと6,000円だと言う。どうせ未明2時半に出発だから、5時間でちょうど良い。部屋も空いていたのでこのホテルに泊まらせていただくことにした。

 未明2時半に起床して4時前に矢倉岳登山口の万葉公園駐車場に到着した。のぞむ先生のものと思わしき車が止まっており、一旦はその脇に車を止めたが、まだ寝ていると邪魔になるかと思い隣の駐車場に移動して支度を整える。コースタイムは1時間10分ほどらしいが、荷物が重いうえに歩いたことが無い道、かつ雪もあり、途中の撮影時間も考慮すると2時間は見ておいたほうが良い。準備が整い出発しようとすると、先ほどの車からのぞむ先生が起きてきた。ちょうど私に電話をしようと思っていたところらしい。鈍足の私は4時過ぎに一足先に出発させてもらう。


    途中から見る月光の矢倉岳。思ったよりも遠くに見える。しかも、ここからかなり下って登り返しになっている。


    矢倉岳中腹から見る月と富士山。雲ひとつない好天、この時点で本日のパール富士はいただき、と確信。


    矢倉岳直下の展望地から見る富士山。下の尾根が若干邪魔になるものの、まずまずの高度感。


    山頂到着は6時10分ごろ。ほぼ予定の2時間だった。もう明るくなってきており、この頃にはヘッドライトは不要になる。


    夜明けの相模湾。山頂では既に4~5人のカメラマンがスタンバイしていた。

 ポジションは山頂の矢倉の上がベストかと思っていたが、矢倉は撤去されていて立っていなかった。山頂でも良いのだが、ここからでは折角の御殿場の町灯りが見えない。登山道を少し戻って町灯りが見える位置まで移動して、そこで2台のカメラをセットする。折角担ぎ上げたボーグ300㎜レンズだったが、パールになる山頂だけ切り抜くよりもこの高度感を生かしてやや広角気味の撮影のほうが良いと考え、この日のボーグレンズの出番は無かった。


    御殿場の町灯りが見下ろせる位置でカメラをセットする。しかし、もう明るくなっていて、町灯りはほとんど消えている。


    綺麗なアースシャドウが出た。富士山頂にはもう朝日が当たり始めている。


    その少し前の時間。アースシャドウの富士山と月。


    朝日に染まる富士山頂と月。感動的な景色が広がった。


    同上。月は山頂から外れているが、これだけの景色が見られれば十分。


    紅富士と月


    パール紅富士  真ん中からは外れたが、これだけ綺麗に染まった富士山と月を見るのは初めてだ。


    同上。


    富士山頂に月が沈んで行く。

 実に感動的な景色だった。腹いっぱい、という気分だった。朝霧高原から見るパール富士も悪くは無いのだがこのような満足感を得ることは出来ない。低山とはいえ、やはり山の上からの景色は最高である。このような景色に出会えるからこそ、何度失敗してもまた山に登るのである。


    本日は大成功!山頂でポーズ。

 腹いっぱいで下山したが、例のごとくガスト山に立ち寄り、今度は本当に腹を満たしながら次回の作戦会議を行った。次回3月のパールはさらに距離を離してさらに難しい撮影に挑むが・・・晴れてくれることを祈る。
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 完全失敗 朝霧高原のパール... | トップ | 割れる月光ダイヤモンド富士... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パール紅富士🗻 (のぞむ)
2017-02-13 15:08:13
1月に誘っていただいてからこの日を楽しみにしていました。百戦錬磨のヨッシーさんが初めてという紅パールを見ることが出来、感激でした。ありがとうございました。
のぞむ先生へ (ヨッシー)
2017-02-13 15:57:55
 素晴らしい紅富士とパールでしたね。真ん中に沈まなくても十分過ぎるほどに楽しめたパール紅富士でした。運を使い果たし、もうしばらくはこんな素晴らしい景色は見れないのではないかと思ってしまいます。

 またお付き合いください。
お見事 (saiya24)
2017-02-13 16:47:45
素晴らしい紅パールGETですね。
この日は天気もバッチリで最高でしたね。
saiya24さんへ (ヨッシー)
2017-02-13 18:05:48
 天候に恵まれて良かったです。saiya24さんもこんな日を逃すことは無いでしょうね。ひょっとしたらあの山の向こうの展望地に居るんじゃないか?なんて、のぞむ先生と話をしてましたが、くしゃみが出なかったですか?
素敵です❗️ (るたん)
2017-02-13 21:00:13
ヨッシー隊長さま、いろんなものが盛りだくさんの撮影会でしたね。
アースシャドウに紅富士、パール。
見ているだけで、こちらもドキドキです。
こういうご褒美があるから、何度でもまた登るんですね。うん、納得‼︎
るたんさんへ (ヨッシー)
2017-02-14 08:28:37
 なかなかの撮影登山でした。矢倉岳は簡単に行けるかと思ってましたが、予想していたよりも遠くて、帰りの登り返しが辛かったです。でも、その後に立ち寄ったガスト山で消費したカロリー以上の食事が…これでは体重減らないですね。
素晴らしい赤富士でした (sanae)
2017-02-14 10:43:46
頑張って行った甲斐がありました。
たいした距離じゃないと思い込んでいたら、山頂は遠かったですが(笑)
だからこそ感動も大きかったです(^^ゞ
また来月晴れますように(^^ゞ
写真頂戴しました(^^♪
sanaeさんへ (ヨッシー)
2017-02-14 12:18:43
 北海道に遠征されていたので、この日は絶対に参加しないだろうと思っていましたが、まさかまさかのハイピッチで登って来られるとは驚きました。凄い体力、ここまで来るともはや仙人か妖怪の類ですね。

 しかし、この日は苦労して登るに十分に値する景色だったと思います。胸が熱くなる感動を覚えましたが、写真で見るとなんとなくいまいちかな、と感じてしまいます。やはりあの素晴らしさは目で見ないとわからないのではないでしょうか。
残念! (みちほ)
2017-02-15 19:36:50
綺麗な紅富士にパールでしたね~

行くべきでした(笑)  隊長のダメ出し聞かなければ良かったよ!
みちほさんへ (ヨッシー)
2017-02-16 12:56:27
 週間天気予報なんてあてにならないもので、まさかここまでの好天になるとは思ってもいませんでした。山なんて登ってみなければわからないもの、幾多の敗退の中で時としてこんな景色に出会えます。くじけずに登っているといつか神様のご褒美があります。

コメントを投稿

圏外編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。