山南ノート4【劇団夢桟敷】

山南ノート4冊目(2008.10.3~)
劇団夢桟敷37年の2016現在を綴ります。

ぴら〜っと来なっせ。

2017-05-19 13:42:42 | 夢桟敷◎諸々2017
今は昔、40数年前の学生たちは学生街のスナックでジュークボックス聴きながら見知らぬお客さんと合唱をしていた。カラオケではない。水前寺踏切のそばに「すずらん」という店に通っていた。…野坂昭如の「黒の舟歌」、泉谷しげるの「春夏秋冬」でどんちゃん騒ぎの奇妙奇天烈パワーが爆発して、ビンボー学生は勢い余ってお店にツケでがぶ飲みしていた。飲み過ぎで口内炎になり、それでもストローで飲んでいた学生もいた。
ツケの不払いが原因で閉店に追い込まれたのか?
今の今、昭和枯れすすきか?時は流れた。

次の夢桟敷workshop(4)は紙芝居「上塚周平」と熊本弁講座。
福岡からの参加者もあるようで楽しみたい。
ということで今日5/19(金)夜の会議よりworkshop宣伝の打ち合わせもする。2017年末までの活動計画も発表されます。
題してPRE-YEAR事業。
黒髪コミュニティセンター19:00-21:30です。
2018ブラジル公演の関係者、仲間になりたい方たちに開けっぴろげにしていますよ。
ピラーットキナッセ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出張百人稽古 南阿蘇村9月予定 | トップ | PRE-YEAR(15) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL