山南ノート4【劇団夢桟敷】

山南ノート4冊目(2008.10.3~)
劇団夢桟敷の活動や個人のことなどのメモとして公開中。

独り言の魅力

2016-11-10 23:26:02 | 九州「劇」派2016
レストランで独り言を喋っている人に遭遇すると、一体、あの人は何を語っているのかと気になってしまう。相席する勇気はない。意味不明の言葉に対応する自信がない。笑ったり、怒ったり・・・。ひとり芝居か?勉強になります。
唐十郎氏の戯曲にも「独り言」がある。劇は全て会話で成り立っていると思ったら大間違い。ここには存在しない、目に見えない相手に語り始めるところがある。目を白眼に剥くと良いね。絵になる!そこまで行けるだろうか?
劇の集団で独り言を語ると、あら不思議、それは感動の塊となってくるのです。・・・フン!
笑うがいい。笑われてナンボーはお笑い芸人だけのものではありません。とても難しいのです。

■九州劇派くまもと
「拝啓 唐十郎さま『少女都市からの呼び声』より」
■Website 九州「劇」派ホームページ http://gekiha.wix.com/gekiha
■予約フォーム https://www.quartet-online.net/ticket/gekiha
熊本公演■熊本演劇フェスティバル参加
12月9日(金)19:00
12月10日(土)13:00//17:00
12月11日(日)13:00//17:00
場) 花習舎(熊本市東区東本町1-62 3F)
前売2000円//当日2500円
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新!熊本版。 | トップ | タブー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL